海外製の発毛剤を使用する時の注意点

薬品などでもそうですが、効果の高いものを使用したい場合海外製のものを個人輸入して使う人も多いです。ここでは海外製の発毛剤を個人輸入して使用する場合の注意点についてまとめています。

海外の発毛剤を使用する際の注意点


発毛剤には日本のものも海外のものもあり、それらには幾つかの点で違いがあります。その一つは配合されている成分です。日本においても、ミノキシジルは発毛効果のある成分として、発毛剤ではその使用が認可されています。

海外の発毛剤では、このミノキシジルに加え別の幾つもの成分が認知され使用されていると報告されています。さらに海外では、ミノキシジルによる副作用への心配から、別の成分を代わりに用いるようになってきました。これらの成分はミノキシジルと似た効果があり、なおかつ安全であると言われています。

また別の面での違いは、それらの商品が被害救済制度の対象となっているかそうでないかといった違いです。基本的に、薬事法に基づいて販売されている医薬品の場合、適正な使用にもかかわらず深刻な健康被害が生じた際には、この制度によって救済が与えられることになります。

しかし海外の商品については、当然ながらその対象外となってしまいます。そのため、万が一それらの商品による副作用などで健康被害が出たような場合、すべて自己負担となってしまいます。発毛剤を購入するに際して、これらの違いをよく比較検討してより安全なものを選ぶことができるでしょう。

中国で効果が期待できると噂の発毛剤

日本と海外では発売を認可されている成分などが異なることもあり、同じような発毛剤であっても、全て成分が同じとは限らないのです。日本では販売できないけれど、効果が期待できる発毛剤は多くあるものなのです。

多くの人に使用されている発毛剤としては、昔日本でも発売されていたものの中国版と言われている、「章光101」が有名です。日本のものとは全く同じことはなく、中国の皮膚科の専門家が研究をおこなって商品化されたものなのです。

「章光101」は開発以来、数多くの脱毛症の人々に臨床テストを重ねている為、多くの人が効果を期待できるようになったのです。中国ではしっかりと認可されている発毛剤であり、数多くの賞を受賞していることでも有名です。

日本でも多くの人に使用されているので、名前を調べたらすぐに口コミや評判を見ることが出来るでしょう。購入する為には、並行輸入などで直接購入する方法が良いかもしれません。日本の薬局などでは販売していないので、店舗からの入手は困難でしょう。

多くの人が効果を実感しているのですが、効果の感じられ方や使用期間などは個人差があるものです。じっくりと時間を掛けて使用した方がより良いものであることは、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

日本で認められている男性用発毛剤

AGAに効果的なフィナステリド

男性ホルモンが原因の男性型脱毛症の発毛剤で効果が高いと言われているのは、フィナステリドミノキシジルです。日本ではフィナステリドを主成分とする内服薬のプロペシアが有名ですが、医師の処方箋が必要で市販されているものはありません。

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として開発され、薄毛やハゲの原因となる男性ホルモンの働きを抑えてくれます。日本では医療機関でのみ購入することができます。

フィナステリドの副作用として、性欲減退や肝機能障害が認められており、未成年や女性は使用できません。特に妊婦は注意が必要で、障害児の危険性が高まると言われています。

血行促進効果の高いミノキシジル

また、発毛剤のミノキシジルには内服薬と外用薬があり、内服薬のミノキシジルタブレットは医師の処方箋が必要です。外用の発毛剤には、市販されているものもあります。

もともとミノキシジルは血圧を下げる薬として利用されていたため、副作用にかゆみや湿疹の他、血圧低下や不整脈なども見られる事があります。やはり、未成年者や女性に使用する事は禁止されています。

今は海外から購入する事ができますが、日本では禁止されている成分が含まれていたり、外国人向けの製品のため、日本人の体質に合わない事もあります。また、偽物も出回っていますので注意が必要です。

副作用が出る事もありますので、医療機関での処方が良く、また市販が認められている発毛剤は薬剤師のアドバイスを受ける事をお勧めします。

ここに注意!
海外製の育毛剤の中には、ミノキシジルを段階的に16%まで配合した商品もあります。日本国内では5%までしか認められていない成分ですから、濃度の高さに魅力を感じるかもしれません。しかし副作用が発症しても、個人輸入の場合は自己責任となります。海外製品の購入にはできる限り慎重を期したほうが良いでしょう。

発毛剤を個人輸入する方法とそのメリット

意外に簡単な発毛剤の個人輸入

育毛や発毛の分野において、国内では依然として認可されてはいないものの、海外では既に高い効果が実証され、使用されている医薬品が実にたくさんあります。

そこで外国製を個人輸入するのがよいかどうか、真剣に考えてみることができるでしょう。実際、発毛剤の個人輸入は非常に簡単に行なうことができます。

輸入代行業者を通して必要な商品を申込み、それに相当する代金を支払うだけです。わざわざ遠くの店舗まで出かけていく必要がないため、忙しい生活を送ってる人にもたいへん便利な方法と言えます。

海外製発毛剤のメリットとデメリット

発毛剤を個人輸入することには幾つかのメリットがあります。中でも主要なメリットと言えるのは、価格が安いということです。実際の店舗を構え、人件費を払って商売しているわけではないため、これが価格にも反映されます。

中には、一定額以上購入すると送料が無料になる場合さえあります。自分の財布と相談して、必要に応じ賢く利用してみるのもよいでしょう。

しかし、個人輸入の場合、海外からの輸入となるため、国内で発毛剤を購入する場合と比べて、商品を受け取るまでに時間がかかってしまいます。今すぐに使用したいという場合もありますので、この点を踏まえて考慮できるでしょう。

発毛剤を輸入するという選択について

国内市販の発毛剤の効果は?

特に男性は、三十代を過ぎた頃から、抜け毛が増えて頭髪が薄くなるといった薄毛の症状に陥る人が多かったりします。

こういった薄毛の大半は、男性型脱毛症と呼ばれる症状を発症した事が原因であり、そうなると急いで薄毛対策を講じる必要があるのです。というのも男性型脱毛症は、放置していると治る見込みがないだけでなく、より薄毛を進行してしまう事が少なくありません。

そんな薄毛対策として一般的なのが、市販の発毛剤を購入するといった方法です。ですが市販の発毛剤の大半は、頭皮に塗るタイプであり、その人の肌質や頭皮環境に左右されます。

その結果、発毛効果の出方にかなり個人差が出てしまうのです。なので最近では、病院に行く事で処方される服用するタイプの発毛剤が、発毛効果が高くて人気となっています。

信頼性が低い海外の発毛剤

ただし日本では、服用するタイプの発毛剤は、専門医に診察して貰った上で、手に入れる必要があります。しかも保険適用外なので、費用もそれなりに高いです。そのため何とか安く手に入れようと、海外から輸入する人も少なくないです。

確かに海外から輸入すれば、国内で医者に処方して貰うよりも安く手に入ります。ですが、中には偽物や余計な成分が含まれている場合があるので、輸入先を選ぶ際には注意が必要です。何より服用するというリスクを考えれば、国内の医者から処方して貰う方が安心だと言えます。

日本と海外の育毛剤比較

発毛効果が期待できる国内の育毛剤

日本で発毛効果が認定されている成分としては、リアップX5などのリアップシリーズに配合されているミノキシジルがあります。ただし市販の育毛剤ではリアップだけで、医薬部外品である他の育毛剤には含まれていません。

現在ミノキシジルと同等の血行促進効果が期待されている成分には、キャピキシル・ピディオキシジル・M-034などがあります。それらの成分が配合された育毛剤を紹介しておきます。

  • バイタルウェーブスカルプローション(キャピキシル5%配合の男女兼用育毛剤)
  • ザ・スカルプ5.0(キャピキシル配合の育毛剤)
  • ボストンスカルプエッセンス(キャピキシル・ピディオキシジル配合の育毛剤)
  • フィンジア(キャピキシル5%・ピディオキシジル2%配合の育毛剤)
  • チャップアップ(M-034配合の育毛剤)
  • ブブカ(M-034配合、ノンアルコールの育毛剤)
  • イクオス(M-034配合の育毛剤)
  • Deeper3D(キャピキシル配合の男女兼用育毛剤)

個人輸入できる海外の発毛剤

海外で市販されている発毛剤と育毛剤は、かなり多くの種類があって、その内のいくつかは個人輸入で手に入ります。まずは海外で販売されている発毛剤を簡単に紹介しましょう。

  • プロペシア(AGAに効果的なフィナステリド配合の育毛剤)
  • フィンペシア(プロペシアよりも低価格で購入できるジェネリック医薬品)
  • ロゲイン(世界で最初にミノキシジルを配合した育毛剤)
  • カークランド(ロゲインよりも低価格で購入できるジェネリック医薬品)
  • ポラリス(ミノキシジル含有5%~16%から選べる育毛剤)
  • ザガーロ(フィナステリドを超えるデュタステリド配合の育毛剤)

海外でも薄毛やハゲの治療には、ミノキシジルとフィナステリドがメインに使われています。最新の発毛成分であるデュタステリドは、フィナステリドでは抑えきれない男性ホルモンの働きまで抑制することができます。

個人輸入の信頼性とトラブルの危険性


同じミノキシジル5%配合の発毛剤でも、日本とアメリカでは商品そのものの値段がかなり違います。簡単に言うと、日本国内よりもはるかに安く買えるのが、海外の発毛剤事情です。ですから個人輸入の仕組みを使えば、かなり安く海外の発毛剤を購入することができるのです。

しかも日本では認可されていない、高濃度のミノキシジル配合の発毛剤も、個人輸入なら手に入れることができます。しかし医師の診断を通さずに、こうした高濃度の商品を使うことはかなり危険だと言わざるを得ません。

医療機関を通さない薬については、使用したことによるトラブルはすべて自己責任になります。発毛の効果が確認できないだけではなく、健康的な被害を被っても、それは自分で責任をとらなければならないのです。

確かに日本国内で販売される発毛剤よりも、安価で簡単に手に入るかもしれませんが、信頼性や安全性を考えると、発毛剤の個人輸入はくれぐれも慎重に行うことをおすすめします。

発毛剤で体毛が濃くなるか

薄毛に悩んでいる人にとって、発毛剤の使用によって髪のすこやかな生育をうながすというのはメリットが大きなことです。しかし、発毛剤のなかでも医薬品などとして厚生労働省からの承認を受けているような効き目の強いものについては、効果とともに副作用の心配もしなければなりません。

副作用が生じる頻度というのはそれほど多くはないのですが、医薬品である以上は避けられない部分もあります。そうしたなかで、ミノキシジルのような成分を配合した発毛剤の副作用として知られているのが、体毛が濃くなるというものです。

ミノキシジルには血行を促進して髪の成長に必要な栄養などをいきわたらせるというはたらきがあるため、これが全身に作用すれば、当然のこととして体毛もさかんに成長して濃くなるということになります。

ただし、現在わが国で標準的に用いられている医薬品としての発毛剤というのは、頭皮の上から塗布する外用タイプであるため、敏感な人には皮膚の炎症やかゆみなどがみられることはあっても、体毛が濃くなるような副作用は、実際にはあまり考慮しなくてもよいといえます。

むしろ、こうした副作用は、海外で使われている飲むタイプの発毛剤などに特有の症状と考えたほうがよいでしょう。

許可が必要になる発毛剤


発毛剤には塗布タイプと錠剤タイプがありますが、錠剤タイプ場合、サプリメントのような健康食品以外では医師の許可を得て処方箋を出してもらわなければ入手できないようなものもあります。

そしてこのような許可が必要となる錠剤タイプの発毛剤は海外で作られたものが多く、強めの副作用が発生することから、日本では利用に対し躊躇されることが多いです。医師の許可が必要な海外で作られた発毛剤の代表はプロペシアと呼ばれるものとミノキシジルと呼ばれるものです。

この二つはもともとは別の病気に対して使用されていたのですが、どちらも発毛に関係する副作用が多く報告されたことで、臨床実験により発毛効果が認められ利用になりました。プロペシアは元は前立腺肥大症を改善するための薬として作られたものなので、男性の生殖機能に関して影響を及ぼす薬になります。

そしてミノキシジルについては元は高血圧を治療するための薬で、毛髪が血流に影響されることから発毛に対しても効果を発揮する薬です。

強力な薬なので副作用も強く、頭痛や倦怠感。眠気などの症状が発生することが確認されています。どちらも発毛に関して強い効果を及ぼすのですが強い薬ゆえに副作用も強力なので使用には十分注意しましょう。