発毛剤には副作用のある成分が含まれているのか

薄毛に悩んでいる人が購入を検討するものに発毛剤がありますが、内服薬もあるのでちょっと怖い気持ちがあると思います。ここでは発毛剤には副作用のある成分が含まれているのかどうかについてまとめています。

発毛剤に含まれる成分の副作用と効能

発毛剤と言えば、一般に知られているのがミノキシジルです。多くの発毛剤に配合されているミノキシジルには、血管の拡張によって血圧を下げる効果があります。

そのため、もともとは高血圧の方に対する血管拡張剤として用いられていました。もちろん、ミノキシジルには副作用があることも報告されています。主なものとして、頭皮に塗布した時に生じるしっしんやかぶれ、またかゆみなどです。

また、特に血圧がもともと低い人が使用した場合、低い血圧をさらに低くしてしまうという副作用もあると言われています。深刻な場合、心臓にかなりの負担がかかってしまうこともあるため、使用に際しては十分の注意が必要です。

しかし、発毛剤に含まれるミノキシジルには、発毛の高い効能があることもよく知られています。そのため、特に男性型脱毛症に効く治療薬として広く用いられています。

このように発毛剤に含まれるある種の成分は、副作用と効能を併せ持っているため、それを利用する側が正しい知識を持ち、正しく用いることが求められています。

また塗り薬タイプのものを選ぶなら、直接服用する飲み薬と比較してリスクを小さめに抑えることができるかもしれないと報告されているため、よく比較検討して選ぶことができます。

発毛剤を服用する際の副作用の危険性

現在沢山のメーカーから販売されている発毛剤の中には、多くの人が発毛効果を実感したという効果的な発毛剤も数多くあります。

まるで夢のような話ですが、中には薄毛を改善するために服用をしていたら副作用の症状が表れたという場合もあるため、事前にどのような症状が起こるリスクがあるのかを把握しておくと安心です。

例えば頭皮の血管を拡張させる働きがある成分を含んでいる発毛剤の場合は、頭皮だけでなく全身の体毛が濃くなるという副作用の報告例があります。また、血流が良くなることで頭皮などに痒みを感じることも数多くあります。

中には血圧に変化が生じてめまいや頭痛、吐き気などの不快な副作用を感じることもあるため、そのような場合はすぐに服用をストップして医師の診察を仰ぐことが重要です。

医師の処方箋が必要な発毛剤の場合は、事前に体調チェックや持病のチェック、医師からの入念な説明を受けることが出来ますが、市販されている発毛剤を利用する場合は自己責任となるため、服用する前に充分説明に目をとしてから自分の体調と相談しながら行うことが重要です。

サプリメントや漢方といった薬でなくても副作用の可能性は充分考えられるため、同様の注意が必要です。

発毛剤の配合成分で副作用が起こる可能性

発毛を促す発毛剤は、基本的に頭皮に塗布して使う商品がほとんどです。そのため、敏感肌やアレルギー体質の方は配合成分に気を付けて使用する発毛剤を選ばなければ、副作用が起こる可能性が高くなってしまいます。

また特別にこれまで問題がなかった人でも、体質や体調などによってトラブルが起こる可能性がありますので注意しなければいけません。こうしたリスクを減らすためにも発毛剤によく配合されている成分で起こりやすい副作用を知っておくことが重要です。

例えば、多くの発毛剤に配合されているプロピレングリコールという溶剤は、頭皮のかゆみを感じたという報告が多くなっています。

また発毛や育毛治療で有効な治療薬と認められているミノキシジルも、頭皮のかゆみや炎症、湿疹などの皮膚トラブルのほか、元々が高血圧治療薬ですので低血圧を引き起こす可能性もあります。

このように発毛剤には副作用が起こるリスクが少なからずありますので、使用する前にきちんと確認しなければいけないのです。

また体質的に問題があったり、副作用が心配な場合は、出来るだけ肌への刺激が少ない無添加、無香料の植物などから取れた天然成分由来の商品を使うようにするとよいでしょう。

飲む発毛剤の副作用の噂について

飲むタイプの発毛剤として近年知られてきているのが、AEG男性型脱毛症の治療薬プロペシアです。この薬は元々前立腺の治療薬として使われていた薬が、後に脱毛症にも効果があると判り、脱毛症の治療薬として開発されたものです。

この薬は医師に処方してもらう必要がある薬で、男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛症に効果が有り、円形脱毛症や遺伝が要因とされる脱毛には効果は有りません。

髪の毛はには生え変わりのサイクルがあり、抜けていく毛髪に、生えてくる毛髪が追い付かなくなる事で脱毛症状が起こります。プロペシアは、毛髪の抜けていくスピードを遅くさせる効果が有る発毛剤なのです。

この薬には、服用すると男性機能が低下する病気EDになるのではないかという噂が流れています。しかしこの薬は男性型脱毛症の薬として服用す分には、副作用の心配はほとんどありません。

一年間の日本での臨床試験において、EDの症状が現れたと言う人は、全体の1パーセントにも及びませんでした。この数字は、EDとの因果関係を特定するには非常に少ない値である事が解ります。

それより、この薬を誤って妊婦の女性が飲んでしまうと、胎児の生殖機能に重大な障害が出てしまう事がわかっています、専門知識を持っていない女性が、この薬を取り扱う事は避けた方が良さそうです。

発毛剤を使用する際の副作用とリスクについて

発毛剤は服用すると男性ホルモンに影響を与えることができます。具体的には、ホルモンの働きを抑えるのです。そうすることで髪の毛を太く育てることができるのです。しかし、その効果が現れるには時間がかかり、人によっては数ヶ月感かかります。

その長い間体に影響を与える薬なので、中にはよくない影響を与えてしまうことがあります。いわゆる副作用です。育毛剤で有名なミノキシジルは血管を広げる効果があります。その為、低血圧や肌荒れ、体毛が濃くなるといった副作用があります。

特に心臓に疾患がある方や他に持病がある方は使用する前に医師の診察を受けておいた方がいいでしょう。もう一つの育毛剤、プロペシア(フィナステリド)には主に性欲の減退などのリスクが伴います。

さらに体に合わない薬を使うと脱毛の症状が進行してしまったり頭皮にトラブルが起きてしまったりすることがあります。中には発毛剤が原因で呼吸困難やダウン症という重篤な症状を引き起こす人もいます。

薬局などで手に入る薬ですが、体に強い影響を与えてしまう薬だということを把握しておき、使用する際には十分な注意を払うようにしましょう。少しでもおかしなことがあればすぐに医師に相談しましょう。

通販で買える発毛剤の副作用には注意が必要

薄毛の悩みを持っている人はとても多く、特に中年以降の男性には日々少なくなっていく髪の毛に対してあきらめを抱いてしまう人も少なくないでしょう。

しかし現在では髪の毛に関する研究は昔よりもずっと進んでいて、薄毛や抜け毛を改善するための方法が色々と開発されてきているため、薄毛が始まったとしても決してあきらめる必要はありません。

色々な薄毛を改善する方法の中でも特に人気が高いのが発毛剤の使用で、通販で手軽に購入できる商品が多いことから、多くの人がそれらを利用しています。発毛剤には大きく分けると、頭に塗るタイプと口から飲むタイプがあります。

一般的には頭に塗るタイプと比べて、体内から発毛を促す飲むタイプの方がより発毛の効果が高いとされていますが、その使用時には副作用に注意が必要となります。

男性ホルモンから薄毛を生じさせる成分ができるのを阻害する、フィナステリドという成分を配合した発毛剤は効果が出やすいとして人気が高いのですが、これには精力が減退したり、眠気が生じるといった副作用が報告されています。

また頭皮の血行を促進して発毛を促す働きを持つミノキシジルという成分を配合した発毛剤には、発汗や悪寒、心拍数の増加を引き起こすなどの副作用があります。

若い頃に戻すための発毛剤に副作用

若い頃のフサフサの髪に戻すために発毛剤を使用しようとしている方は多いと思います。発毛剤の中でも医薬品として分類されるような発毛の効果が臨床実験で実証されているようなものは、非常に強力ではあるのですが、強い薬なので副作用も存在します。

これら医薬品として認められている有効成分としてミノキシジルとフィナステリドというものがあるのですが、この二つにはそれぞれ多種の副作用の報告がされていて、中には死亡に至るような症例もあるため注意が必要になります。

とくにアレルギー体質であったり体が極端に弱い人、肝機能や循環器家に障害を持っている方などは危険なので使用はお勧めできません。このような医薬品としての発毛剤以外にも医薬部外品として分類される商品があり、こちらは一般的には育毛剤と呼ばれるものになります。

子の育毛剤に関しては医薬品である発毛剤ほどの強い効果は認められませんが、継続的に利用することで発毛環境を整えるといった感じでの利用するような商品になります。

そして育毛剤は発毛剤と違い副作用と呼ばれるような症状が発現することはほとんどなく、副作用が発現したとしても命にかかわるようなものや重大な損傷つながるような危険がほぼない商品になります。

女性用発毛剤で起こりやすい副作用とその予防法

男性だけではなく女性も加齢に伴って薄毛や髪が細くなるなどの症状が出てくるものです。こうした時に放置するのではなく発毛剤で対処しようと考えた時には、発毛剤に配合されている成分に注目しなければいけません。

なぜなら、女性は男性に比べて皮膚が薄いため、配合成分によっては皮膚トラブルが起こる可能性があるからです。特に起こりやすい副作用が、頭皮の痒みや炎症などです。

こうした副作用を引き起こす成分は、発毛剤の有効成分として有名なミノキシジルやプロピレングリコールという溶剤となっています。

またミノキシジルは皮膚トラブルだけではなく眠気や倦怠感、体重増加なども起こりやすいため、どれだけ発毛に有効的な成分であったとしても使用する前には医師と相談をした方がよいといえるでしょう。

このようなことから女性用発毛剤の中には、出来るだけ副作用のリスクを減らすために植物成分や天然植物抽出エキス、漢方など刺激の少ない成分でつくられた商品が多々あります。

またこれに加えて、男性とは違った原因で起こる薄毛対策として効果的なビタミンやミネラルなどの美容成分が配合されていることも珍しくありません。ですので、安心して発毛剤を使いたい場合は、こうした副作用のリスクの少ない商品を選ぶようにするとよいでしょう。

発毛剤にはホルモンへの作用ゆえ性欲減退の副作用も

男性が頭髪の薄毛に見舞われたならば、まずは原因をきちんと特定した上で、適切な対策を打つことで大きな改善効果が見られます。その中でも特に高い効果を発揮するのが発毛剤の使用です。

発毛剤には飲み薬タイプのものや塗り薬タイプのものがありますが、前者で最も代表的なものといえばプロペシアという錠剤でしょう。

これは薄毛の大きな原因としても知られるAGAの治療薬で一日一錠を服用することで頭皮にある特殊な酵素の働きを抑え、これが男性ホルモンと反応して頭髪の成長を阻害する物質を作り出すのを抑えてくれます。

ただしこの発毛剤には副作用のリスクも指摘されています。男性ホルモンの働きを抑えることになるために性欲減退や勃起不全といった症状に陥る可能性があるのです。

その他にも肝機能障害や鬱などの症状になる危険性も指摘されていますが、これらの副作用の発症の可能性は5パーセント未満なので、決して服用している誰もが発症するわけではありません。それに万が一、発症したとしても重傷化する危険性はありません。

最初からこのリスクばかりを見て臨んでいてはそれだけで神経質になって体調に影響が出てしまうもの。まずは自分との相性を試してみる中で、何らかの違和感を持った際にはすぐにかかりつけの医者に相談するなどの対処法をとればよいでしょう。