発毛剤は本当に効果があるのかどうかについて

抜け毛や薄毛で悩まされている人にとって、食生活や生活習慣を改善しても治らない場合、最後にすがりたくなるのが発毛剤です。ここでは発毛剤は本当に効果があるのかどうかについてまとめています。

本物の発毛剤に期待できる効果

抜け毛や脱毛などに悩む方の中には、いくら発毛剤を使用しても効果がないという方が多いことでしょう。実際、市販されている発毛剤は非常に多く、いったいどれが本物の発毛剤なのか分からないということがあるものです。

本当に効く発毛剤かどうかを左右する要素は、配合されている成分だけにあるのではありません。配合されている大事な有効成分をどれほど頭皮に浸透させることができるか、という点がより重要な要素となってきます。

頭皮につけた時にすっとした感じを受けることがありますが、これは必ずしも頭皮に浸透していることを証明しているわけではありません。含まれているアルコール分が作用していることがあるからです。

そこで、本物の発毛剤かどうかを見極めることがどうしても必要です。本物であればかなり高い効果を期待することができます。たとえば、強い浸透力によって、毛穴の奥にまで有効成分を浸透させることができるため、育毛や発毛の効果がより一層促進されます。

また発毛促進効果をより長く持続できるような技術が施されているものもあります。こうした技術によって、有効成分が毛根に染み込んでからの長時間の作用が期待でき、結果として発毛の促進を高めることになります。

男性ホルモンの働きを抑え発毛効果を発揮する発毛剤

脱毛の大きな原因の一つに、毛母細胞の働きが抑制されることが挙げられています。毛母細胞は毛の髪の発生・成長を 司っている細胞です。

毛母細胞がある限り、いくら抜けも髪の毛は次々と生えてくることができるのです。しかし男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑制してしまいます。このために、脱毛が進行してしまうのです。

しかしこの男性ホルモンの働きを抑制し、発毛を促進する成分があります。それが「ミノキシジル」という成分です。

もともとは血圧を下げるための飲み薬に使用されてきた成分ですが、後に脱毛症にも有効だと判明したため、現在では世界中で医学的な薄毛治療に用いられるようになりました。最近話題になっている男性型脱毛症(AGA)の治療にも用いられています。

男性ホルモンの働きを抑え、毛細血管拡張作用により毛母細胞に働きかけることによって、毛母細胞の分裂を活性化させ、髪の毛の成長を早めてくれるのです。

このミノキシジルは「リアップ」「ロゲイン(旧・リゲイン)」といった直接頭皮に塗布して使う発毛剤にも利用されています。脱毛に悩む方は「リアップ」「ロゲイン」を試しに使ってみてはどうでしょうか。

ただし、これらの発毛剤を使っても、効果が出るまでには最低4~6ヶ月はかかります。しかしだからといって用法・用量を守らずに使用するとニキビができたり、かぶれやかゆみ、炎症の原因になります。

また、ミノキシジルがもともと血圧を下げる目的でつくられた成分だということもあって、血圧を過度に下げすぎたり、 頭痛を引き起こす可能性もあるのです。たとえ効果が出るのに時間がかかるとしても、必ず用法・用量を守って正しくお使い下さい。

発毛剤の効果AGA改善状況

医師が提供する発毛剤は、AGA治療の元で効果を確認し、患者に合わせて処方が行われます。市販の物と違うのは、効果が強く表れる一点にありますから、副作用を含めて安全を考える事が大切です。

誰でも買えて使える物の、市販品は発毛剤としての効果が弱く、AGAに効く製品は限定的といえますから、どれを試しても変化が見られない場合は、医療に相談して治療を開始する必要があります。

AGA服用薬の影響は、登場以前には考えられない程劇的で、多くの人が効果を実感していますし、発毛剤の名に恥じない作用が活かされています。

唯一の欠点は根治に至らない事で、原因やメカニズムが解明されていない以上は、発毛剤の作用に留まる製品があるだけでも、十分希望が存在すると考えられます。

これからも発毛剤の研究が続けば、今以上に強力な医薬品が登場する可能性は高く、より多くの人に働く薬が登場すると予測されます。

ただ、現状でも治療は行える段階なので、長期服用による安全性を考えると、大幅な性能アップが認められなければ、確固たる薬のポジションが入れ替わる確率は低いといえます。どのタイプにも対応したり、根治出来る物が登場するなら別ですから、それまでは現状で使える物が最善の選択肢です。

発毛剤の効果の違いについて

各種メーカーから発売されている発毛剤の効果の違いは一体何か。価格帯も広く、利用者としては非常に悩ましい点です。まず、明確にしておく必要があるのは、育毛剤と発毛剤について。

頭皮を綺麗にして、今生えている髪の毛を太く活き活きとするのが育毛剤、それに対し、発毛剤は毛根に直接働きかけ、生えていない髪の毛を生やす効果がある、という物です。

その発毛剤は、一部医薬品扱いに指定される効果の高い物から、漢方薬にも近い原料を使用した気軽に使える商品まで実に様々です。その多くの商品の違いを一言で言えば、価格の高い物にはそれなりの原料が含まれており、発毛の効果が期待出来るという点です。

頭皮の薄毛はホルモンバランスの偏り、生活習慣、ストレス、喫煙、遺伝等が挙げられますが、これらの要因で頭皮の血行不良により毛根が弱くなり、健康な髪が生えてこないのが原因です。

1本1万円前後する発毛剤は、ホルモンに直接働きかけ、死滅したり弱った毛根を甦らせた研究結果を重ね、発売に至った経緯があります。

つまり、健康な人は市販されているどの商品を利用しても問題はありませんが、持病のある方や定期的に薬を摂取している方は、一度専門医に相談してから利用する事が望ましい、そのくらい進化している商品なのです。

各種製品の違いは含有成分、自分に合った商品を見つける為にも、自分の体質を知る事から始めましょう。何より、頭皮マッサージや食生活の見直し等、日頃の努力も怠らない事は言うまでもありません。

発毛剤は女性にも効果があるのか

発毛剤と言えば、世間一般には男性用に売られているイメージがあります。ただ、女性の場合でも薄毛になることはしばしばあります。では、女性の薄毛に対して日本で流通している発毛剤は有効性をしめすのでしょうか。

その答えは「発毛剤の種類による」です。発毛剤は、作用機序に基づいて大きく2種類に分類されます。1種類目は、頭皮の血行を改善して、育毛効果を示すものです。

男女どちらとも、この血行不良が原因で薄毛になる可能性があるので、この種の薬は、男女ともに効果を示す、と考えられます。2種類目は、男性ホルモンの働きを抑えることにより、育毛効果をしめすものです。

詳細に説明すると、男性ホルモンが毛根組織中で活性型のジヒドロテストステロンに変化する時に必要となる5αリダクターゼという酵素を阻害する薬で、具体的には、プロペシア、アボルブが挙げられます。

この種の薬に関しては男性の薄毛にのみに効果があります。しかも、それだけでなく、妊娠中に服用すると、胎児が男児だった場合に生殖器官の発達に影響を与えるなどの副作用が出る可能性があります。また授乳中に服用すると、母乳中に薬が移行し、授乳中の子供にも影響が及ぶ可能性があります。

男性が市販の発毛剤で高い効果を得るには

男性型脱毛症という症状がある事でも分かる通り、男性はある程度の年齢になると、前髪が後退したり、頭頂部の頭髪が薄くなるといった薄毛の症状に悩む人が増えるものです。

しかも男性型脱毛症が厄介なのは、自然に治癒される事がない上に、放っておくと、どんどん薄毛の症状が酷くなる危険性があります。なので薄毛に気付いたら、なるべく早く改善策を施す必要があるのです。

薄毛の対策法として、昔も今も多くの人が用いる方法と言えるのが、近所の薬局で市販の発毛剤を購入する事です。発毛剤で、薄毛の進行を食い止めつつ、発毛効果により薄くなってしまった髪の毛を蘇らせるといった試みを行う事になります。

ですが発毛剤を使用する際の注意点としては、基本的に即効性は望めない事です。そのため薄毛を改善したいと焦る余り、一ヶ月二ヶ月と使用して目に見えて変化が出ないと、別の発毛剤を使用し出すといった使い方では、きちんと効果を得る事は難しかったりします。

だからこそ、発毛剤できちんと発毛効果を得たいなら、まずはネット等で情報収集をする事です。そうして実際の使用者の口コミ評価が高い商品を選び出し、それを少なくとも半年は、継続して使い続ける必要があります。そしてその上で、効果の有無を判断すべきです。

海外の臨床実験で証明された発毛剤の効果

発毛剤には大きく分けて塗り付けるタイプと飲み込むタイプの二種類ありますが、この二種類それぞれで海外の臨床実験で効果が証明された発毛剤の主成分があります。塗り付けるタイプでの主成分としてはミノキシジルと呼ばれるものが海外の臨床実験で効果が証明されています。

このミノキシジルは発毛に大きな影響を及ぼす毛母細胞の活動を抑制してしまう男性ホルモンの働きを抑制する事で脱毛を減らし、毛細血管の働きを拡張する作用があるため毛母細胞自体の活動も活発になるため、脱毛抑制だけでなく発毛効果にもつながる成分があります。

ただしミノキシジルが効果を発揮するまでには6か月ほど継続して使用する必要があるのと強い薬なのでそれなりの副作用がある点に注意が必要です。飲み込むタイプの発毛剤としてはフィナステリドとよばれる薬剤が臨床実験で結果を出した薬剤になります。

このフィナステリドもまた男性ホルモンの働きを抑制する機能があり、引用することで頭皮に生成されるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの発生を阻害します。

フィナステリドもミノキシジル同様、6か月ほど継続して服用する必要があり、副作用も発生します。ただフィナステリドはミノキシジルと違いAGA(男性型脱毛症)のみに有効ナノで注意しましょう。

発毛剤の効果は価格と比例する?

どのような物でも価格が高いものほど良いものというイメージがありますが、こと発毛剤に関してはどうなのでしょう。

現在は市販されているものから、インターネット専売や病院で処方されるものなど様々な商品が存在しています。どれも価格帯は違っており、中には人によっては長期の継続が難しい高額の商品もあるほどです。

発毛剤を使おうとした時には、こうした中から商品を選ばなければいけませんが、得られる効果が価格と比例するのであれば、出来るだけ高額な商品を購入せざるを得ないといえます。では、実際のところはどうなのでしょう。

確かに高額なものほど効果が高そうな気はしますが、発毛剤に関しては値段と効果は必ずしも比例はしません。なぜなら、発毛剤の効果というのは個人差が大きなものだからです。

ですので、どれだけ評判が良い商品を使っても体質的に合わない場合は、あまり効かないということもありえます。また薄毛や抜け毛の原因も人によって違うため、高額な商品でもその原因と得られる作用が合っていなければ、意味がないといえるでしょう。

このようなことから考えれば、発毛剤は高いか安いかで選ぶのではなく、自分の体質や薄毛や抜け毛の原因に作用する成分が配合されているかどうかで決めることが最も重要なのです。

発毛剤の効果:血圧を下げる

血圧を下げる効果がある発毛剤があります。これは元々は高血圧症患者の降圧剤として開発されたという経緯があるので至って当然の話です。そのためこの種の発毛剤を使用する際、普段から低血圧の人は注意が必要なのです。

内服薬ではもちろんそうですが、頭皮に塗るタイプでも注意が必要です。頭皮にスプレーすることでそこだけに有効成分を浸透できそうですが、頭皮には毛細血管が通っています。

成分が毛細血管から吸収されて全身を巡る可能性が高いので、外用薬だからと全く問題ないと考えるのもまた間違いなのです。

発毛剤によって副作用と思われる何らかの症状が現れた場合、医療機関で処方してもらっているなら担当医に相談して対応すればいいですが、そうでない場合副作用なのか心理的なものなのか判断に迷うことがあるかもしれません。

仮に心理的なものであっても体に何らかの不調が出ているなら使用はやめた方がいいでしょう。ストレスのせいで発毛どころか抜け毛か進行する可能性もありますし、体を壊す可能性も否定できません。

発毛剤使用で何らかのトラブルが出たなら直ちに使用は中止するのはもちろん、必要であれば該当の発毛剤を持参して専門医を受診するのがいいかもしれません。