内服薬の発毛剤のリスクや成分について

頭髪の薄さに悩んでいる人の場合、多くの人が毎日髪の毛に対して何らかの対策をしていますが、なかなか改善されない事もあります。ここではそんな薄毛対策としておすすめの内服薬の発毛剤のリスクや成分についてまとめています。

内服薬タイプの発毛剤の成分とはどんなものか?

もしも頭髪が薄毛に見舞われてしまったならば、できるだけ早期に適切な対処を行うのが理想的です。

中には20代半ばという若年層がこの症状に悩まされるケースも多く報告されていますが、決して諦めることなく治療に専念することで改善効果が期待できます。中でも発毛剤を用いた治療は極めて高い可能性を秘めています。

たとえば、クリニックで処方してもらえる発毛剤としてには飲み薬や付け薬というタイプのものがありますが、まずはフィナステリドという成分を配合したプロペシアなどの内服薬が挙げられます。

これは主に男性型脱毛症を治療するためのもので、フィナステリドによって頭皮にある特殊な酵素の働きを抑え、男性ホルモンと反応して頭髪の成長を妨げる物質を出すのを抑えます。

また、発毛剤としては外用薬であるミノキシジルも有名です。これは頭皮につけることで毛細血管を拡張させて、より多くの血液が流れるようにし、毛乳頭に過不足なく栄養分が行き渡るようにします。

また、中には同じミノキシジルを成分として持つタブレットタイプの内服薬もあります。こちらは体内に直接吸収することによって浸透率が高くなり、より多くの効果が得られるともされています。

ただしこれらの発毛剤は副作用が発症する場合もありますので、まずは医師の充分な診察を受けた上で服用し、もしも異変を感じたらすぐに医師に相談することが望ましいでしょう。

有名な発毛剤の内服薬にはどんなものがあるか

発毛剤といえば、頭皮に直接つけて成分を浸透させていくタイプも多いですが、内服薬で体の内側から改善していく方法もあります。

市販のドラッグストアなどで販売されている商品ではそういった医薬品はあまり見かけることがありませんが、AGA治療を行っている医療機関ではポピュラーな治療薬となっています。

内服薬の発毛剤ではプロペシアが特に有名です。もともと前立腺肥大症などの治療に利用されていた薬で、男性ホルモンの過剰な働きを抑える効果があり、使っている人に毛が増える副作用が出たことで、育毛剤としても利用されるようになりました。

有効成分はフィナステリドとなっており、毎日1回服用することで薄毛、抜け毛の悩み改善を目指していきます。どちらかというと初期の脱毛や若い世代の脱毛に有効な医薬品となっており、男性専用で女性は使うことはできません。特に妊娠中の女性は胎児の生殖機能に影響が出る可能性もありますので、手で触れることも避けましょう。

薬の効果はすぐに現れるものではありませんので、ある程度の期間は続けていく必要があります。そして効果が見られたらそれで終わりではなく、効果を維持していくために、さらに長期に薬を利用していくこととなります。

内服薬の発毛剤プロペシアのリスク

現在、医療機関では男性型脱毛症の治療薬として、内服薬のプロペシアという発毛剤が広く使用されています。男性型脱毛症は、AGAと称して、TVCM等を介して広く認知されてきています。男性型脱毛症は、男性ホルモンの働きによって起こる男性特有の脱毛症です。

プロペシアは、男性ホルモンのテストステロンが、末梢組織で効果を発揮する形態であるジヒドロテストステロンに変化するのを助ける5αレダクターゼという酵素の働きを抑えることにより、発毛剤としての効果を発揮します。

理にかなった一見いい薬には思えますが、リスクも存在します。プロペシアの最も気になるリスクは高悪性度前立腺癌の発症リスクが高くなるということです。前立腺は男性特有の臓器であり、その器官形成には男性ホルモンが密接に関係しています。

つまり前立腺の組織を形作る細胞の成熟に、男性ホルモンは大きく寄与しているのです。プロペシアは前述の通り男性ホルモンの働きを抑え、前立腺の細胞成熟を阻害するので、プロペシアを服用した方の前立腺には、いわゆる低分化型の細胞が多くなります。

その低分化型の細胞がもし癌化してしまうと、熟した細胞が癌化した場合よりも、細胞増殖能力が高いなどの悪性度の高い癌細胞ができ上がるというわけです。

市販の発毛剤と内服薬の違いについて

今も昔も、薄毛に悩む男性というのは、数多く存在しているものです。というのも男性の場合、三十歳を過ぎた辺りから、徐々に頭髪が薄くなるという男性型脱毛症を発症する人が、増えて来ます。

その結果、前髪の後退や頭頂部の薄毛に悩んでしまう事になるのです。しかも男性型脱毛症が厄介なのは、自然に治るという事はまず期待出来ないばかりか、放置していると余計に薄毛が酷くなるケースも少なくありません。だからこそ、早めの対策が必要なのです。

そしてそういった薄毛に悩む男性の対策法と言えば、以前までは市販の発毛剤を購入するといった方法が定番でした。ですがこういった市販の発毛剤の大半は、頭皮に塗るタイプであり、得られる効果に個人差が出る事も少なくないです。

というのも、頭皮が汚れていたり、肌質が合わないと、発毛を促進する成分がきちんと浸透してくれずに、効果が出ないといった事も起こってしまいます。

ですがその点、病院で処方される内服薬の発毛剤は、違います。身体の内側から発毛や育毛効果を促す事が出来るので、頭皮環境や肌質に左右されずに、高い効果を得易いです。だからこそ、最近では多くの男性が市販の発毛剤よりも、病院で処方される内服薬を頼っています。

内服薬タイプとして知られる最強の発毛剤とは何か

抜け毛や薄毛が進行してすでに頭皮の地肌が見える状態に陥ってしまっている場合、いち早く対策を講じて頭皮環境をもういちど毛髪が成長しやすい状態へと改善しなければなりません。

そのためには薄毛の原因に合った対処を行うことが望ましいもの。とりわけ発毛剤を使った入念なケアや治療は欠かせません。

たとえばクリニックにおける発毛剤を用いた薄毛治療では、主にAGAを発症している際に効果的なプロペシアという内服薬を用います。

これは世の中に出回っている中でも最強の内服薬とも言われ、フィナステリドという成分が男性ホルモンの過剰な働きを抑制することで頭髪の成長を妨げる物質が出るのを抑えます。

この他にも同じフィナステリドを配合した様々な薬を通販などで購入することができ、中にはプロペシアよりも安価で手に入れることができるものもあります。

その他にも外用薬として知られるミノキシジルがあります。これは頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させて血流量を高め、それによって毛乳頭に多くの栄養分が運ばれるように頭皮環境を整えることが可能です。

このミノキシジルは外用薬のみならず内服薬として摂取できるタブレットタイプのものもあり、通販などで人気を呼んでいます。この場合、ミノキシジルの成分を全て体内に取り入れることができるために、その効能も極めて高く、服用してすぐに毛質が変わったり発毛の実感が得られるなどの変化が実感できます。その意味ではプロペシアとも双璧を成す内服薬と言えるのかもしれません。

内服薬式の発毛剤をネット購入する際は嘘に注意

男性が薄毛に見舞われると、外見もかなり変わってくることから鏡の中の自分を目にするたびにストレスが溜まるもの。そういった精神的負担がさらに抜け毛や薄毛に追い打ちをかけることもすくなくありません。

こういった症状は決してあきらめるのではなく、然るべき発毛剤を使用してケアすることで改善効果が得られます。抜け毛がひどくなったように思えたら出来るだけ早い段階から手を打つことで早い効果が得られるでしょう。

中でも内服薬タイプの発毛剤はその成分を全て体内に吸収できることから発毛効果が高いと言われています。有名なところだと、AGA由来の薄毛に対して効き目の高いプロペシアがあります。これはフィナステリドという成分によって男性ホルモンの過剰な働きをコントロールすることで抜け毛を抑えることができるのです。

クリニックでの専門治療では適切かつ安全な内服薬を処方してもらえます。その代わり、これらはかなり費用が高めなので経済的には負担がかかってしまうもの。一方、インターネット通販の中には海外の安価な内服薬を個人輸入して販売しているサイトも数多く見られます。

ただし、この場合、製品によっては嘘の情報が記載されてあったり、あるいは輸入元が発毛剤であると偽って販売しているケースもあるようです。

海外で販売されている内服薬は確かに安価なものが多いものの、成分の分量や副作用の可能性、さらに医薬品に関する法律の整備などの問題で様々な問題が発生する可能性もあります。

ネット通販で購入する際には安さに目移りすることなく、必ず安全性、信頼性の高いサイトを活用することが望ましいでしょう。

発毛剤の内服薬が効果的な意味

発毛剤には、外用薬のものと内服薬のものが存在します。発毛剤といえば、外用薬が一般的でドラッグストアをはじめ誰もが購入しやすい状況が整っています。

しかし、外用薬の発毛剤は薄毛や濃くなったり抜け毛が減るという快方に向かう実感を得られるまで長い期間を要します。この期間中に諦めて使用をやめてしまうという方が多いという実態があります。そこで、おすすめなのが内服薬の発毛剤です。

薄毛や抜け毛という症状は、主に男性ホルモンの働きが活発になっているか、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れていることによる影響が大きいと言えます。

こうした男性ホルモンと薄毛の症状について照らしあわせて考えると、外用薬で頭皮などから有効成分を散布するよりは、内服薬を使用して身体の内面から改善していった方が効果的なのです。そして、内服薬が外用薬の育毛剤や発毛剤よりも長期間の使用に適しているのは、ジェネリック医薬品の存在です。

正規品と同じ成分が配合されているものの、価格が大幅に安価なジェネリック医薬品は育毛を行う上で最も頼もしいと言えます。太く、コシのある髪が成長し、終了とはならず、継続することが大切な発毛においてジェネリック医薬品は重要な意味を持っています。

女性でも使える内服薬タイプの発毛剤

一般に発毛剤と聞くと、頭皮に直接つけるタイプのものをイメージなさる方が多いことでしょう。実際、市販されている発毛剤の多くは塗布するタイプのものです。しかし内服薬タイプのものも存在します。

人によっては、頭皮につけるタイプのものよりも直接飲む内服薬タイプのほうが効果がより高いという場合もあると報告されています。いずれにしても、人によって頭皮の状態や髪の毛の抜け具合などは実にさまざまです。

そのため、何が最も効果的かという点も人によってさまざまに異なるものです。それで、是非とも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。発毛剤の中には、男性用のものもあれば女性の薄毛や抜け毛の改善に効果のあるものもあります。

基本的に言って、以前は内服薬タイプの発毛剤は男性用がほとんどで、女性は主に外用薬を使用して育毛にあたることがほとんどでした。しかし最近では、女性が服用できる内服薬が薄毛治療薬として認可されるようになりました。

実際、この薬を使った臨床実験においては、育毛や発毛の面で高い効果が確認されていると報告されています。使用に際して副作用があったという報告はなく、安全性が高い薬として、安心して継続的な使用ができると言われています。

クリニックで処方される内服薬の発毛剤

発毛剤には外用薬と内服薬がありますが、一般的にポピュラーなのは外用薬です。現在最も有名な発毛剤と言えば大正製薬のリアップです。リアップにはミノキシジルという有効成分を含んでいることが知られています。

内服薬の発毛剤は店舗では購入できません。クリニックなどで医師から診察を受けた後に処方してもらえます。その中でも世界的に有名なのはプロペシアです。プロペシアにはフィナステリドという有効成分が含まれています。

ミノキシジルとフィナステリドはどちらも発毛効果が認められている成分ですが、プロペシアは内服薬なのでリアップよりも大きな効果が期待できます。抜け毛には様々な原因があり、ストレス・睡眠不足・生活習慣などは髪の成長に影響を与えます。

しかし原因を取り除けば髪は生えてくる可能性が高いのです。問題なのは遺伝的な薄毛です。遺伝的に薄毛になっている場合には原因を取り除くことができないので、外用薬と内服薬を併用しながら対処することになります。

つまりミノキシジルとフィナステリドを併用して継続使用していくのです。すぐに効果は出ませんが、長期的にどれだけの効果が出たかを知るために現在の髪の状態を写真に撮っておくことです。

内服薬の発毛剤をCMでよく目にする

薄毛に悩んでいる人は、たくさんいます。薄毛は遺伝的な要素が大きいと言われていますが、最近では偏った食生活やストレスなどが原因で薄毛になってしまう人もいます。

また薄毛に悩む女性が増えていることも、大きな特徴の一つです。髪の毛が薄くなってきたら、それに関して対策を立てる必要が出てきます。

その中で発毛剤を使うと言うのは良い方法です。発毛剤と言えば、外用薬を思い浮かべる人がたくさんいます。

頭に塗ることによって頭皮に潤いを与えて植毛を即すのです。しかし最近では、内服薬タイプのものを利用する人が増えてきています。

そしてCMでも、内服薬の発毛剤の宣伝をよく見かけるようになりました。ですから発毛剤の主流は、段々と内服薬に移ってきたと言っても過言ではないと思います。

その内服薬タイプの発毛剤には、たくさんの種類があります。また通販でも気軽に購入することができます。特に女性にとっては、薬局などで対面で購入するのは恥ずかしいと思う人もいます。

それがインターネット通販で購入することができるので、そういった女性にとっては買いやすいかと思います。値段も人件費がかからないために割安で購入することができるので、その点も大きな魅力の一つとなっています。