発毛剤の正しい使い方と症状や効果について

育毛剤や発毛剤を使用して効果がなかなか現れない場合、正しくその商品を使えているのかどうかという点が重要になります。ここでは発毛剤の正しい使い方と症状や効果についてまとめています。

発毛剤の使い方について知っておくべき事

男性は特に、三十代を過ぎた辺りから、抜け毛が多くなり、頭髪が薄くなるといった薄毛の症状に悩む人が多くなります。

というのも男性には男性型脱毛症という症状があり、ある程度の年齢になると、それが発症してしまうのです。しかも男性型脱毛症は、放置していれば自然治癒される事は無いだけでなく、症状が進行して行くケースも多いので厄介だったりします。

そんな中、薄毛対策として多くの男性が用いるのが、発毛剤の使用です。発毛剤を購入してそれを使用する事で、薄くなった頭髪を蘇らせる事も可能だったりします。だからこそ髪の毛が薄くなって来たと自覚した男性の多くは、まずは近所の薬局に行き、頭皮に塗るタイプの発毛剤を購入するケースが多いです。

そしてその使い方ですが、頭皮に塗り込んでマッサージを行うというのが多くの商品に共通したやり方です。ただし塗るタイプの商品は、発毛を促せる部位へと届いてこそ効果を発揮するものであるため、頭皮が汚れている状態だと余り効果を発揮してくれないので、注意する必要があります。

同様に発毛剤の間違った使い方として多いのが、即効性を求めて、次々に商品を変えてしまう事です。というのも薄毛を何とか改善したいという思いが強過ぎて、一ヶ月、二ヶ月程度試しただけで効果が無いと判断して、他の商品にコロコロ変えてしまう人は少なくありません。

ですが発毛剤は、ある程度の期間、使用を続けてこそようやく効果を発揮するのが基本です。なので使用を始めたら、少なくとも半年は同じ商品を使い続けるべきです。

育毛剤と発毛剤の効果的な使い方

薄毛や抜け毛対策としてよく用いられているのが育毛剤や発毛剤です。この両者の共通点は、どちらも頭皮環境の改善と抜け毛などの症状の予防を目的としている点です。

しかし、厳密に言うと両者の持つ作用は異なっています。育毛剤は、今残っている髪に働きかけ、頭皮の血行を促進したり栄養を補給したりして抜け毛などの症状を予防しようというものです。

特に、発毛を促す強い効果はないとされています。それに対して発毛剤は、強い発毛力を備えています。毛髪を作る細胞でもある毛母細胞に作用し、活性化させることができます。

それによって、今まで休止していた毛穴から再び発毛が起きるのを可能にするのです。このように育毛剤と発毛剤には働きかける作用の点で違いがあります。加えて、両者の使い方にも違いがあるため、それぞれの持つ特性を十分考慮した使い方が求められます。

しかし、使用に先立ち頭皮の状態をどう整えたらよいかなど基本的な注意点は同じです。いずれを使用する場合にも、頭皮の状態を良いものにしておくこと、さらにはすぐに効果が出なくてもあせらないという点です。

加えて、いずれの場合も夜の入浴後、髪の毛が最も成長しやすい時間帯に合わせた使用が効果的であるということを覚えておきましょう。

発毛剤はどれがいいのか悩む場合は

発毛剤はいろいろなメーカーから販売されていてどれがいいか悩んでしまいます。まずはそれぞれの薄毛のタイプにあったものを選んでいくことが大事です。

M字ハゲといわれるものや頭頂部が薄くなっているものなど気になる部分の違いで選ぶ発毛剤も違ってきます。頭頂部と生え際は薄くなる理由が違うので選ぶ発毛剤もそれぞれのあったものを選んでいくのが正しい方法です。

またたくさんの症例があるものが当然いいものです。口コミなどがたくさんのっているような商品であればそれだけその商品が使われているという証明になります。またその口コミがいい内容であれば効果が高いということがいえます。

発毛剤は体にいい成分のみを使っているものを使うことが基本です。無添加成分で育毛成分がきちんと配合されているものや血流量を増やすことが出来るものや保湿をきちんと行ってくれるものがいい製品ということがいえます。

またサプリメントやシャンプーやリンスなどと併用して使っていくことも大事です。購入する際はこういったものがシリーズで揃っているものもオススメになります。体の外からと中からアプローチしていくものがオススメです。ランキング形式で確認出来るサイトを利用するのが便利です。

薄毛の症状には発毛剤が有効です

男性のみならず、女性でも年齢を重ねるごとに薄毛や抜け毛が気になり始めるものです。近年では、20・30代の若い世代でも、薄毛・抜け毛に悩む人は少なくありません。

その原因としては、日常生活でのストレスや、食生活の乱れ、喫煙、睡眠不足などが挙げられます。薄毛・抜け毛の症状は、おでこの生え際から徐々に進行していくM型と、頭頂部から進行していくO型に分けられます。

M型は、剃りこみのようになり、自分でも進行具合が分かりやすいですが、O型は、自分では見えにくいため進行具合が分かりにくいものです。薄毛・抜け毛を自覚したら、生活習慣の改善と共に、発毛剤や発毛シャンプーの使用が効果的です。

薬局で手軽に購入出来る発毛剤は、主にミノキシジルと言う成分を含んでいて、頭皮の血管を拡張させ、血行を促進し、脱毛を食い止めるだけでなく、毛根を刺激して発毛を促すと言う効果が期待出来ます。

しかし、すぐに効果が現れるものではないため、根気よく、ある程度長期に渡って使い続ける必要があります。発毛剤は、清潔な頭皮に使用することが大切です。そのため、まずはシャンプーで頭皮を優しくマッサージするように、よく汚れを洗い流してから使うと良いです。

発毛剤の実際の効果とは

脱毛の大きな原因の一つに、男性ホルモンが関係していると言われています。男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑制するために、抜け毛がおきるので、この男性ホルモンの働きをおさえることができれば、発毛促進をさせる作用が期待できます。

ミノキシジルは、この発毛させる効果がありますが、効果が現れるまでには、最低でも6ヶ月前後の継続して使用する必要があると言われています。

発毛剤と言う言葉を聞くと、薄くなった頭部に発毛剤、育毛剤となるものを塗布することで、髪の毛がフサフサになるイメージを受けますが、本当に毛がなくなった箇所には、発毛は難しいと言えます。

発毛剤は、産毛の状態まで脱毛が進行してしまった毛髪を、太く長く成長させ、密度を増やすことによって地肌を毛が覆うというイメージです。発毛剤は、各メーカーからさまざまな商品が発売されています。

商品ごとに効果や価格も違ってきますから、自分にあった商品をみつけることが大切ですまた発毛効果が臨床的に確認されている、強力な薬剤の場合、副作用の可能性も高いものが多くあるので、十分注意してしようすることをおすすめします。

日本国内の薬事法では、育毛剤は医薬部外品の製品で、発毛剤は処方箋医薬品、一般医薬品と定められています。一般医薬品は、薬剤師や許可を受けた販売者しか販売できないもので、処方箋医薬品は、医師の書いた処方箋がないと販売してはいけないものです。

発毛剤とその耐性について

ストレスや過度なダイエット、激しい運動による疲労、偏った食生活に頭皮環境が悪くなるなどの原因によって抜け毛が増え、結果的に薄毛や禿髪へと進行してしまう場合があります。

防ぐためには、栄養バランスのとれた食事や正しいヘアケアによる頭皮環境の改善、血行を改善することで髪に栄養をとどけやすくするなどの生活改善をすることが大切です。しかし、抜けてしまった髪を育てるためには発毛剤などを用いて髪の発毛を促すことも重要となります。

発毛剤には医薬品を配合した、抜け毛の原因を食い止める抗アンドロゲン薬「フィナステリド」が含まれたプロペシア、頭皮の血流改善を行い積極的な発毛を促進させる血管拡張薬「ミノキシジル」を含んだロゲインなどがあります。

医薬品と言うだけありこの二つは非常に発毛率が高いとされています。しかし、長く同じ薬品を使い続けることによって体が薬に対して耐性をついてしまい、効果が薄れてしまうこともあります。

効果が薄れたからと言って、今まで発毛してきた毛髪がなくなるわけではなく使用を中止してしまうと、再び抜け毛が増えてしまい薄毛に戻ってしまうなどの可能性も考えられるため、改善してきたからと安心せずに継続的に発毛剤を使い続けることをおすすめします。

効果が出ていた発毛剤の利用をやめたら

抜け毛や薄毛などの対策のための商品には養毛剤や育毛剤、発毛剤と言ったものがあります。これらはどう違うのかと言うと薬事法によって区別されているのではなく、有効成分や作用機序によって区分されています。

養毛剤は脱毛を抑えて髪の毛を保護する目的で栄養分や保湿成分、皮脂やフケを抑える成分などを多く配合してつくられており、育毛剤は髪の毛の成長を促すことを目的に、今ある髪の毛の成長を促して脱毛を予防する効果のある成分を配合して作られています。

発毛剤は、毛母細胞に作用して脱毛後に新しく発毛させることを目的としたもので養毛剤や育毛剤のように既に生えている髪の毛の状態を維持するものではなく、発毛剤は積極的に髪の毛を発毛させるために毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分を配合して作られています。

そのため、薬事法で医薬品に指定されたのもが多く医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局などで購入できる第一類・第二類・第三類医薬品とがあるのが特徴です。

また発毛剤は継続して使うことで効果があるもので、利用をやめたらその効果はなくなってしまいます。効果が出ていた発毛剤の利用をやめたらすぐに髪の毛が抜けると言うことではなく、徐々に髪の毛が薄くなってきます。効果が出ていればなおさら使い続けることが大切です。