AGA対策として育毛剤はどうなのか

男性型脱毛症と呼ばれるAGAですが、ここ最近ではAGAクリニックなども増え、患者が急増しています。ここではAGA対策としての育毛剤の利用はどうなのかについてまとめています。

AGAと育毛剤について


AGAとは、男性型脱毛症の事で、抜け毛が多い状態や薄毛等、髪の毛に関する悩みがある状態の事です。男性型脱毛症は、そのまま放置しておくと、徐々に進行してしまう為、気づいたら、早めの対策が重要になってきます。

その対策の一つとして、有効な方法が、育毛剤です。ただ、育毛剤には、男性ホルモンを抑制するタイプや、血行を良くする事で髪の毛に栄養が届きやすい状態を作るタイプ、髪の毛が育つ為に必要な栄養素を毛根に与えていくタイプ、毛母細胞を活性化させるタイプ等があります。

どのタイプが有効かは、薄毛の原因や髪の毛の状態によって変わってきます。ですから、まずは髪の毛の状態を把握する事が重要になってきます。その為に有効な方法の一つが、育毛剤に関する口コミを読んでみる事です。

使い始めた人の髪の毛の状態に注目をし、似た状態の人が使って効果があった薬を選ぶようにする事で、しっかりとした効果を期待しやすくなります。もしくは、一度、AGA専門病院で、髪の毛の状態を確認して貰うという事もお勧めです。

しっかりとした検査を受ける事によって、薄毛の原因を知る事が出来ます。AGA専門病院は高いと考える人も少なくありませんが、薬による治療であれば1ヶ月1万円程度という事も少なくありません。

薄毛の原因とAGA対策

男性の薄毛のほとんどがAGA「男性型脱毛症」

「男性型脱毛症」は進行型の脱毛症で、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれています。男性型脱毛症は脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに進行します。

日本人の髪の毛は約10万本あり、成長期、退行期、休止期を経て、毛が伸び、抜け落ち、また生えるというサイクルを繰り返しています。髪の毛の1割は休止期に入っていると言われ、平均すると1日に100本程度の髪が抜けています。

男性型脱毛症は成長期の期間が短くなり、髪の毛が十分に成長しないで休止期に入り抜けてしまう症状です。その原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質であることが分かってきました。

薄毛の元凶はDHTと5αリダクターゼ

ジヒドロテストステロンは「男性型脱毛症」の最大の原因と言われている、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼTypeIIという還元酵素によって変換されてできる体内物質です。

このテストステロンから、ジヒドロテストステロンが作られると、毛乳頭細胞が萎縮し、髪の成長を抑制するために薄毛になります。

この薄毛、抜け毛の進行を食い止める薬として「フィナステリド」という薬が開発、実用化されました。「フィナステリド」は5αリダクターゼをブロックし、その働きを抑制する薬です。

この「フィナステリド」によって、脱毛量の減少や、軟毛の硬毛化、男性型脱毛症の進行遅延や予防に役立つことがわかってきています。AGAで悩んでいる人は、専門医のクリニックを受診することをお薦めします。

ワンポイント
最近の研究により。薄毛には頭皮のコラーゲンの減少が大きく関わっていることが分かりました。そのため今までの育毛剤から発想を転換して、コラーゲンの生成を促すビタミン配合の育毛剤も登場しています。ただしその効果はまだ未知数だとしか言えません。

抜け毛の原因となるAGAとは


生え際や頭頂部の髪が薄くなったと感じる方は、もしかしたら「AGA」かもしれません。AGAは「男性型脱毛症」という症状で、この名前の通り、男性に多い抜け毛のタイプです。

男性ホルモンの1つテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変わってしまう事で、抜け毛が増えてしまいます。ジヒドロテストステロンは、毛根にある毛乳頭の働きを阻害するのが特徴です。

毛乳頭の働きが悪くなってしまうと、髪を生えにくくしたり、成長期にある髪も抜けてしまう、また生えてきたとしても髪が細いといった症状が現れます。

AGAでは特に生え際や、頭頂部の髪が抜けやすくなると言われています。どんどん髪が抜けてしまう事に、ストレスを感じる男性も少なくありません。ただ、この抜け毛の場合は毛根が残っている状態なので、ジヒドロテストステロンの生成を抑えれば、発毛効果が期待できるのです。

最近はAGAの治療を行うクリニックも、数が増えつつあります。シャンプーやブラッシングの度に髪が抜けやすくなった、明らかに頭頂部などが薄いと感じる方は、まずクリニックに相談してみましょう。

AGAによる抜け毛は病院での治療が必要です

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、日本の男性の約30%がこの症状に悩んでいるといわれています。AGAは思春期以降から抜け毛が始まり生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴です。

M字はげや頂点ハゲといわれることがあります。原因としては男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって脱毛ホルモンへと変化してしまい、髪の毛の成長を止める働きをしてしまいます。

これによって髪の毛のヘアサイクルが乱れていきます。髪の毛には発毛から伸びて抜けるまでヘアサイクルがあります。成長が止まった髪の毛は短くて細い髪の毛のまま抜けていってしまいます。

抜け毛を放置するとどんどん進行していき、産毛のような髪の毛が増えていきますので、早めにAGA専門病院で受診をお勧めします。自分自身にあった治療を受けることが出来るように医師とカウンセリングをしっかりすることが重要です。

早期に治療を受けることで抜け毛を改善する効果が高くなります。食生活や生活習慣の乱れ、ストレスも抜け毛に影響を与える場合があります。刺激の強いシャンプーの使用を控えて頭皮を清潔に保つように注意しましょう。頭皮環境を整えるようにすることも大切です。

専門医によるAGA治療とは?

5αリダクターゼ対策の「フィナステリド」

専門医によるAGA治療では、原因ごとに主に2つの種類の育毛剤を処方します。その1つが男性ホルモンと5αリダクターゼの働きを抑えるフィナステリドで、一般的には「プロペシア」という薬が処方されます。

この薬は内服薬のタイプで、効果が現れるまで継続して飲むことになります。効果が現れるまでの期間は人それぞれなので、定期的に通院して医師に相談しながら飲み続けます。ただし効果が現れたら服用をやめていいわけではありません。服用をやめれば、徐々に薄毛の状態に戻ってしまいます。

血行促進対策の「ミノキシジル」

AGA治療のもう1本の柱は、頭皮の血行を促進して頭髪の成長を助けることです。この治療ではミノキシジルを配合した外用薬が一般的です。ミノキシジルには頭皮の毛細血管を拡張する作用があり、継続して使うと頭皮の血行が促進されます。

AGA治療ではこのフィナステリドとミノキシジルとを同時に使うことが多く、1ヶ月あたりの治療費は通常1万円から1万5千円程度です。薬の価格の面で厳しいようならば、現在はジェネリック医薬品もあるので相談してみると良いでしょう。

クリニックによる治療も同様

皮膚科などの専門医ではないクリニックでの治療も、基本的にはフィナステリドとミノキシジルの処方による方法です。ただし、自分の頭皮の状態などを継続的に相談したい場合は、皮膚や頭皮のプロであるAGA専門医のいる医療機関を選んだほうがいいかもしれません。

また薬の価格の安さから、個人輸入で海外商品を使用するケースもあるようですが、品質が保証されているわけでもなく、場合によっては完全な偽造品が送られてくることもあります。特に服用するタイプのフィナステリドなどは、健康を害する危険性もあるので、医師による正規の商品を使うことをおすすめします。

AGAの発毛剤を評価するポイント

AGAというのは、遺伝や男性ホルモンなどの影響により髪の毛が薄くなる症状を言います。そのまま放置しても症状が改善することはなく、何らかの対策が必要です。AGAに効果がある対策のひとつが発毛剤です。

数多くある発毛剤からどれかを試してみるときには、その発毛効果を客観的に評価して比較してみることが一般的です。しかし、発毛剤を評価するならば、ただ発毛効果を評価するだけでは不十分です。

なぜならば、発毛剤には副作用を伴ことがあるので、その安全性にも注意を払うことが必要だからです。起こりえる副作用として、代表的なものは性欲が減ることです。

理論上では発毛剤の成分が性欲に働きかけることはないとされていますが、実際に副作用の報告があるのでそうなる可能性があると注意喚起がされています。

男性の場合、性交渉がしにくくなるというのは、精神的に大きなダメージをこうむるので決して軽視するべき問題ではありません。

年齢的に性交渉をする機会が少ないならばともかく、特に若い男性であるならばその点を考慮するべきです。それから、心配されるのは内臓や循環器に障害、アレルギー反応などです。

重篤な症状は特に気をつけるべきですが、かゆみなどのアレルギー反応でも日常生活に支障をきたす恐れがありますから、安全性の評価を調べるときには十分に確認することが必要です。

ここに注意!
男性機能の低下という副作用は、多くの実験や臨床試験を通じてもわずかな症例しか報告されていません。ですから通常の使用であれば、過度に心配する必要はないと言えます。それよりも体質によっては、どうきやめまいなどを起こしやすい人もいるので、異常を感じた時は使用を中断して医師に相談したほうが良いでしょう。

市販の育毛剤によるAGA治療は?

薬局やドラッグストアで市販される育毛剤

手頃なところでは「サクセス」や「カロヤンガッシュ」など、一般のお店で購入できる育毛剤がありますが、それらの商品の育毛効果は確かなのでしょうか。

実際の育毛剤の効果は使ってみないと分かりませんが、市販の育毛剤にはほぼ血行促進の効果しかありません。しかもミノキシジルのように、育毛効果が認定された成分は入っていません。男性ホルモンを抑える効果も期待できないので、AGAの治療には向かないかもしれません。

通販で購入できる育毛剤

インターネットのランキングで紹介されている育毛剤は、ほとんどが通販型の育毛剤です。これら通販型の育毛剤は、価格も市販の商品とは違いますが、配合されている成分が大きく違います。

AGAの原因となる男性ホルモンと5αリダクターゼへの対策も、独自の成分で対応している育毛剤がほとんど。医療機関の育毛剤と違う点は、通販型の育毛剤の場合はフィナステリドを配合せずに、天然の成分を使っていることです。

これらはオウゴンエキスヒオウギエキスなどの植物由来成分で、何よりも副作用を気にせずに継続使用できる点が優れています。ブブカ・チャップアップ・イクオスなどの通販型の育毛剤は、ランキングや公式サイトでも詳しく紹介されているので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

ブブカはその成分からAGAに効果がある

ブブカはAGAの改善に効果的です。ブブカの内容量の99%は、育毛に有効とされる成分で、92%のモニターが満足したとアンケート結果が出ました。育毛効果が確認されているM-034を濃密配合しています。

M-034はコンブやワカメなどの海藻類に含まれる喝藻エキスを抽出したものです。ヒト毛包由来の外毛根鞘細胞の増殖を促し、休止期の毛が抜けないように維持します。またオウゴンエキスは、保温や抗炎、消臭などの効果があります。

5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンを、薄毛の原因ジヒドロテストステロンに還元するのを防ぎます。毛の成長期が長くなることで、毛髪全体を太く濃くさせて、正常なサイクルに戻します。

多くの育毛剤では、使用感を良くしたり長期間保存したりするために、頭皮とは関係のない成分が含まれています。ブブカには香料や着色料、石油系界面活性剤など頭皮にダメージを与えるものを排除しています。

肌が弱くても刺激が強くないので利用できます。またビタミンEを配合することで、余分な皮脂の分泌を予防します。またビタミンEは毛細血管を活性化させるので、新陳代謝が活発に行われて頭皮に届く栄養分が多くなります。

まずは誰にも知られずにAGA対策を始めるなら、インターネットで簡単に購入できるブブカなどの、通販型の育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。AGAは時間との闘いでもあります、1日でも早く対策を始めることをおすすめします。