育毛剤はクリニックで処方してもらうものを使用する

育毛剤は今や薬局や通販などで様々な種類の商品を購入することができますが、中には怪しい商品があるのも事実です。ここでは育毛剤はクリニックで処方してもらうものを使用する事についてまとめています。

クリニックで処方して貰う育毛剤

薄毛の治療は、保険適応ではないため自己負担となってしまいますが、クリニックで治療ができます。男性の薄毛は、5aリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結びついて、薄毛を起こすジヒドロテストステロンが作られる事が主な原因です。

クリニックで内服薬として処方される育毛剤のプロペシアの主成分フィナステリドには、男性ホルモンによる発毛阻害を防ぐ効果があります。他にもプロスカーやジェネリック医薬品もあります。

患部に直接塗るタイプの育毛剤のミルキシジルも、内服薬と並行して使われる事が多く、毛母細胞に作用して細胞分裂を促すと同時に、血行も促進する事で発毛を促します。クリニックでの薄毛治療には育毛剤のほか、自毛植毛などを行っている所も多くあります。

プロペシアには、性欲減退や肝機能障害などの副作用が数%程度見られる事もあります。また、女性には使用は出来ず、特に妊婦は障害児が生まれる可能性が高くなると言われています。女性の薄毛の原因には女性ホルモンの減少や血行不良が多くみられ、男性とは違う成分の育毛剤が使われています。

育毛剤の内服薬としては医薬品のパントガールがあり、細胞の代謝を活発にして発毛促進します。その他ホルモンバランスを整えたり、血行促進の目的で漢方薬や内服薬が使われる事もあります。

人気のある育毛剤の有効成分

一般に男性の脱毛は、遺伝や男性ホルモンの影響でAGA(男性型脱毛症)になり、髪の成長を阻害するスイッチが入ることにより発症します。

そのメカニズムは、男性ホルモンの一種テストステロンが、頭皮に存在する「5α-リダクターゼ」によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化します。

このDHTが毛乳頭に作用して毛サイクルの異常を引き起こし、毛が充分に成長する前に抜けてしまうことで発症します。早い人は20代前半から症状が出て、40代以降になると発症率はかなり高くなります。また生活習慣やストレスも引き金となっています。

AGA脱毛のパターンとしては生え際や頭頂部、額のM字型など、部分的な脱毛が特長です。薄毛が気になりだしたら、早めにケアをしないと髪の毛はどんどん減り続けます。育毛剤には直接頭皮に塗るタイプと、飲むタイプの2種類があります。

塗るタイプの育毛剤は塗った後の頭皮のマッサージをすることによって、効果はさらに高くなります。飲むタイプは体の内側から働きかけて発毛を促します。吸収率が良いので、塗るタイプよりよく効きます。

しかし飲むタイプは吸収されやすい分、副作用のリスクも高くなっているので、クリニックで処方してもらうのが安全といえます。最近人気の育毛剤は、チャップアップやブブカなどがあります。

「ミノキシジル」と同様の効果がありながら、副作用がないといわれている「M-034エキス」を有効成分としているため、安全性を認められ、発毛効果もきわめて高いといわれています。

育毛剤のさまざまな販売方法

育毛剤は実にさまざまな方法で販売されています。薬局やドラッグストア、またクリニックなどでも購入することができます。さらに通信販売といった形での購入も可能になっています。

そのため自分のライフスタイルに合わせて購入方法を決めることができます。それぞれに違ったメリットを持っているため、自分が何を重視するかによって決めることもできるでしょう。

薬局やドラッグストアなどで購入する良さは、街の至る所にあるためたいへん便利ですし、自分の好きな商品を自由に選べるという点を挙げることができます。クリニックでは専門の医師の診断を受けることができるため、より自分に合った育毛剤を見つけることができるというメリットがあります。

もちろん、時間をとってクリニックまで出向き、医師の診断を受けるという面で、少しの不便もあるかもしれません。それでも医師から処方された育毛剤であれば、安心して使うことができるでしょう。

また通信販売による購入も是非積極的に活用したい方法です。自宅からの購入が可能であるという便利さに加えて、通販での情報はたいへん豊富です。非常に多くの商品の中から自分に合ったものを選ぶことができます。また、実際にその育毛剤を使用したことのある人からの生の声を聞けるのも大きな魅力です。

女性でも薄毛改善のために医者へ行く

女性でも薄毛や抜け毛に悩む人も少なくない中で、自分なりにヘアケアや食生活などを見直しても改善が見られないなら、医者に一度診てもらうという人も多いです。

女性であれば皮膚科なども行きやすいですし、クリニックも豊富にあります。本格的な治療を始める前に、まずは薄毛について自分の頭皮の状態を確認してもらったり、検査などをしてもらうのもいいでしょう。

どこの医者であっても、最初は治療方針やどれぐらいの期間をかけて治療を行っていくのか、生活改善の方法や薬の処方などいろんな事を説明してもらう事ができます。医師も女性の方が安心できるというのであれば、そうした病院を探してみるのもいいでしょう。

今は加齢だけが薄毛の原因ではないことも多く、ストレスや様々な生活習慣が不規則になってしまってホルモンバランスも崩れて結果的に薄毛などの症状を引き起こしている事も多くなっています。

自己流のヘアケアで何とか改善が出来ればそれでいいのですが、長く続けていても症状が改善しないのであれば、遠慮せずに医者に診てもらいましょう。正しく自分の頭皮の状態が把握できれば、効果的な治療や対策をしていけますので、悩み続ける前に一歩進んでいく勇気を出してみて下さい。

薄毛は何科?と迷ったら総合病院へ行く。

薄毛治療をするには、何科で受診すべきか迷う方がいますが、まずは皮膚科で受診することが懸命です。薄毛の原因には、喫煙・飲酒・ストレスなど生活要因が関係している場合もあれば、遺伝性のものもあります。

また、他の疾患が要因となっている場合もあります。総合病院(基幹病院)の皮膚科であれば、他科との連携も取れ、詳しい検査を受けることが出来、明確な薄毛要因を判明できます。

薄毛要因が明確に分かれば、それに従った治療を受けることになり、他の疾患が要因であれば、その疾患治療をまず行います。ハゲ治療などは病気ではないため、総合病院でハゲ治療を行うことは適しません。

AGA治療(男性型脱毛症)専門クリニックでは、90%以上の発毛率がありますが、ハゲ治療などは病気でないため自費診療となります。薄毛やハゲに現在有効な治療法に、プロペシアの服用とHARG療法があります。

プロペシアは男性専用の治療薬で、発毛率が60%以上あります。プロペシアは皮膚科以外の医師でも知っている最も有名で、副作用の少ない治療薬です。男女兼用のHARG療法は、AGA治療専門クリニックでも、HARG療法認定医と専用設備がないと治療ができません。

HARG療法は、頭皮に直接、発毛剤や栄養剤を注入するので、発毛率は90%を超えています。地域の基幹病院(総合病院)であれば、地域の医療機関と連携していることが多いので、各患者に適したAGA専門クリニックを紹介して貰えるので、まずは総合病院(基幹病院)で受診しましょう。