育毛剤の併用をすることのメリットやデメリットについて

髪の毛がどんどん薄くなっていって焦ると、育毛剤を複数個購入して併用する人も多いです。ここでは育毛剤の併用をすることのメリットやデメリットについて詳しくまとめています。

育毛剤の外用薬と内服薬の併用利用がおすすめです。

育毛剤は、フィナステリドを含有する内服薬とミノキシジルを含有する外用薬の併用利用がおすすめです。頭皮の毛母細胞存在する5αリアクターゼと呼ばれる還元酵素は、男性ホルモンであるテストステロンをより強力なジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンに還元します。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞の機能を阻害する効果があり、テストステロンと比べて数倍から十倍程度の阻害効果を有するとされ、薄毛や脱毛の原因の一つとされています。

5αリアクターゼには、側頭部と後頭部の毛乳頭細胞に発現する1型5αリアクターゼと精嚢や前立腺・前頭部・髭・外陰部の皮膚に存在し、前頭部や頭頂部の頭皮の毛乳頭細胞に発現する2型5αリアクターゼがあります。

フィナステリドは、2型5αリアクターゼの働きを阻害するとされています。日本では副作用があるとして承認されていない内服薬デュタステリドは、1型と2型の5αリアクターゼに効果があるとしてフィナステリドよりも効能が高いとされています。

ミノキシジルは、元々は高血圧患者の治療に処方されていた血管拡張の為の内服薬であり、ミノキシジルの副作用として薄毛や脱毛症状の改善が見られた事から、特に日本国内では頭頂部に症状改善に効果がある外用薬の育毛剤として市販もされています。

育毛剤を複数利用するメリット

最近では数多くの育毛剤が出回っていて、どれを使用したら良いのか迷ってしまいます。どの商品にも主な効能が記載されていますが、似通った効能を持つ商品も多いため、同じ効能なら口コミで評判の良いものを選びがちです。

評判の良いものにはそれなりの理由がありますので選ぶ場合のメリットも大きいのですが、育毛剤選びでは含まれている有効成分の種類や濃度などもチェックして、より効果の高いものを選びたいところです。

早いうちに改善したいと考えて複数の商品を同時に使用する人もいますが、同じような効能を持つ商品を重ねづけしても作用を強めることはできません。もし複数の商品を併用するのなら、異なる成分が配合されているものを選ぶようにします。

異なる成分なら幅広い効果を得ることができますので、色々な要因を改善させることができます。薄毛には様々な要因が複雑に絡み合っているといわれていますので、このように数多くの有効成分を取り入れることは、とても有効なことです。

ただし、つけ過ぎて頭皮に負担がかかるようでは逆効果になってしまいますので、頭皮に負担にならない程度に使用することも大切です。経過をじっくりと観察しながら、数か月単位で変化を見ていきます。

M-1ミストが他の育毛剤と併用できる理由

M-1ミストはサラヴィオ化粧品が2013年に、世界の毛髪研究の中でも最も権威のある「世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞した育毛メカニズムから、開発された製品です。

M-1ミストに含まれる成分は、髪に無理に作用して発毛効果を促すのではなく、頭皮や血管の環境を良好に保ち、髪に栄養を与えることで発毛を促します。

ナノ技術を採用した育毛剤で、配合されている成分の分子を細かくし、毛穴の奥の細胞まで届けやすくします。毛穴に詰まった皮脂等も洗い出してくれる効果があり、シャンプーでは洗いきれなかった毛穴の汚れもきれいに落してくれます。

発毛に適した環境を作るだけなので、身体への負担はありません。M-1ミストは他の育毛剤とセットで使用することで、より効果が期待できるとされています。

それはM-1ミストには、頭皮の毛母細胞に働きかけて発毛を促す作用はありますが、保湿効果や血行促進効果などの成分が少ないため、他の育毛剤で補うことで相乗効果が得られるからです。

市販されている、ほぼすべての育毛剤と併用できるのですが、チャップアップ・濃密育毛剤ブブカ・マイナチョレなどがより効果があります。特にミノキシジルと同等の発毛効果を実証した、濃密育毛剤ブブカは副作用の心配もないので、より良い効果が期待できます。

抜け毛対策に使われる薬

抜け毛が気になっている方の中には、市販の育毛剤や発毛剤で対策をとっている方も少なくないでしょう。しかし、それであまり効果を感じない、もっと対策をしたいという場合には病院で処方される治療薬がおすすめです。

抜け毛対策として主に使われている治療薬は二種類あり、一つ目がミノキシジル、もう一つがプロペシアです。ミノキシジルは育毛剤などにも配合されている成分ですのでご存知の方もいると思いますが、病院で処方される場合はより育毛効果の高いタブレット状の飲み薬タイプとなっています。

一方のプロペシアには、抜け毛の進行を止める作用がありますので、上記のミノキシジルと併用することで抜け毛だけはなく薄毛治療も同時に行うことが出来るのです。

基本的に市販で購入できる商品は多くの方が気軽に手に取れるように、有効成分含有量を減らし副作用のリスクを軽減したものとなっていますが、病院で処方されるものは個人の体質や髪の状態に合わせたものとなっていますので大きな効果を発揮することが出来るようになっています。

ですので、確実に抜け毛対策を行いたいと考えた場合は、こうした治療を専門としている病院で診察を受けることが最も重要なのです。

薄毛の症状に絶望する前に

抜け毛や薄毛の症状が進行して、悩みが尽きないという人は意外に多いのではないでしょうか。そういった人の多くは育毛剤や発毛剤など頭皮や髪に良いとされるアイテムを活用しているのでしょうが、中にはそれらのアイテムを使用しても思うように効果を得られないという場合もあります。

もちろん、人によってはそれらのアイテムを使用していくだけである程度の症状改善が見込めることもあるのでしょうが、例外もあるのだということだけは押さえておくといいでしょう。

ただ、そういった薄毛の症状に絶望感を抱いている人の場合、もしかするとそれら育毛剤や発毛剤の使用方法が間違っている可能性があります。

というのも、これらの商品ただ、頭皮や髪に使用していけばいいというものではなく、事前にある程度頭皮や髪の状態を良くしておく必要がありますし、時にはマッサージと併用していく必要もあるのです。

専用のシャンプーで髪や頭皮を洗って、その後ケアを行った後でそれら育毛剤や発毛剤を使用していく。さらにはマッサージを行うことで血行促進、美容成分の浸透を促し、よりその効果を高めていきます。

たったこれだけの作業でもそれら育毛剤や発毛剤の効果を最大限に引き出していくことができるのです。まだ試したことがないという人は是非一度チャレンジしてみてください。