医薬部外品の育毛剤について

育毛剤には市販で売られている医薬部外品と、病院やクリニックなどで購入できる医薬品の2種類があります。ここでは医薬部外品の育毛剤のランキングや薬事法についてまとめています。

医薬部外品の育毛剤とランキングについて

医薬部外品の育毛剤のメリットは、いつでも手軽に購入できる事、そして病院で処方を受ける薬に比べて、価格が手頃な物が多い事です。ですから、薄毛が気になり始めたら、手軽に購入し、そして薄毛対策をしていく事が出来ます。

ただ、病院で処方される薬等に比べると、髪の毛を育てる為に配合されている成分量が少ない事も多く、その効果はあまり高くない事も少なくありません。

更に、手軽だからと購入する場合、価格だけを見て、手頃な物を選ぶという人も少なくありませんが、薄毛を改善するには、髪の毛が減った原因も重要になってくる為、原因と合う育毛剤を選ぶ事が出来なければ、期待する効果が出ない事も少なくありません。

そんな、市販の育毛剤を購入する場合、参考にしておいて損がないのが、ランキングや口コミです。店頭等で商品を見た場合、そこに書かれている成分や値段でしか比較検討する事が出来ません。

それに対して、ランキングは実際に使った効果を元に作られています。更に口コミは、実際に使った人の声を確認する事が出来ます。

実際に使った人の感想から、効果があるかどうかを確認しておくと、少しでも効果が出やすい育毛剤に出会いやすい状態を作る事が出来ます。

育毛剤の表記内容が薬事法に反する場合もある

薄毛に悩んでいる方は、たくさんいます。薄毛は遺伝的な要素が強いのも事実ですがそれだけではなく、ストレスや食生活によっても薄毛になることが多いと言われています。

また不規則な生活をしている場合にも、薄毛になりやすいと言われています。そのためストレスの溜まりやすい現代社会においては、薄毛に悩んでいる人が昔よりも増えてきているのです。薄毛になりだしたら、その対策をとる必要があります。

その方法として、育毛剤を使って毛を増やすやり方があります。育毛剤は頭皮に刺激を与え、毛を生えやすくするのです。今ではたくさんの人が利用していることもあって、その種類もたくさんあります。

ですから、自分に合ったものを手に入れることができるのです。しかしその育毛剤の商品に書かれている内容によっては、薬事法に違反する可能性もあるのです。どのような表現を使うと薬事法違反となるかは、なかなか難しい問題です。

そのため商品に書かれている内容は、よく読むと非常に微妙である場合もけっこうあるのです。業者としても、その販売している商品の効果を最大限にアピールしたいのは当然ですが、書き方によっては薬事法違反となってしまうので、非常に難しい部分もあるのです。

ですから育毛剤を販売している業者は、薬事法違反にならないように表記については細心の注意をしている業者がたくさんあるのです。

薄毛の原因とされるDHTを抑制する薬

薄毛は、遺伝やストレス、喫煙や飲酒などの生活習慣の乱れなどが原因と考えられていますが、最も有力視されているのがジヒドロテストステロン(DHT)による毛母細胞の機能阻害と考えられています。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリアクターゼにより還元される事により生成され、テストステロンの5倍から10倍の阻害効果を有するとされています。

遺伝により男性ホルモンのテストステロンの分泌量が多い人は、ジヒドロテストステロンの生成量が多くなると推測され、一部の研究者内では薄毛になり易いと考えられています。

5-αリアクターゼには、側頭部と後頭部の毛乳頭細胞に影響を及ぼす5-αリアクターゼ1型と精嚢や前立腺、外陰部の皮膚などに多く存在して前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に影響を及ぼす5-αリアクターゼ2型が存在します。

現在、日本で承認されている薄毛治療薬の代表的なフィナステリドは、良性の前立腺肥大症の治療の為に開発されましたが、5-αリアクターゼ2型の働きを阻害し、特に側頭部や髪の毛の生え際の薄毛や脱毛症状の改善に有効とされています。

海外では、5-αリアクターゼ1型の働きを阻害するデュタステリドを処方している国もありますが、日本では副作用の問題で非承認です。又、フィナステリドを含有する内服薬は、ミノキシジルを含有する外用薬との併用で更に薄毛症状の改善に有効とされています。

ミノキシジルは、高血圧患者の血管拡張を促す治療の為に開発されましたが、副作用として頭頂部の抜け毛などの症状の改善が見られた事から、国内では塗布する育毛剤としてドラッグストアなどで市販化されています。

薄毛が気になる女性は内服薬で治療しよう

薄毛は男性だけではなく女性にとっても大きな悩みの1つです。女性の薄毛には幾つか原因となるものがあります。まず、出産や加齢、ストレスによるホルモンバランスの乱れによるものです。

女性の薄毛は男性とは異なり、頭髪全体が薄毛となってボリュームがなくなります。女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量の変化が影響を及ぼして抜け毛の原因となります。

出産すると抜け毛が多くなりますが、時間がたてばホルモンの乱れも正常に戻り抜け毛も治まってきます。生活習慣の乱れ、無理なダイエット、ヘアカラーの影響等を受けるとヘアサイクルが乱れて抜け毛の原因になる場合があります。

正常なヘアサイクルは髪の毛が5~6年かけて成長したあと抜け毛となり、新しい髪の毛が発毛することを繰り返します。しかし、ヘアサイクルが乱れると髪の毛が成長しないので細くて短い髪の毛が増えてしまいます。

パーマやヘアカラーを控えたり、食生活や生活習慣を整えたりしても抜け毛が減らない場合は病院での治療をお勧めします。病院ではカウンセリング等を行ってから薬やサプリメント等の内服薬を処方して治療していきます。抜け毛が多くて気になる時は悩まずに早めに治療を受けるようにしましょう。

薬用プランテルを販売しているお店は

薬用プランテルを通販する場合、安くて安心して購入できるお店でないといけません。公式サイトで販売されている薬用プランテルは、定価の9,800円のところ7,800円で購入可能です。また、送料も無料で手数料などもかからず、全額返金制度もあります。

薬用プランテルは、M字型に悩んでいる男性におすすめなワンプッシュ型ミスト育毛剤です。育毛を促してくれるセンブリエキス、血流を促進させるセファランチン、フケやかゆみを抑えてくれるグリチルリチン酸2Kが配合されています。

万一、体質に合わなかったときも全額返金制度があるので、安心して使用が出来ます。公式サイトからの通販なら、セット価格で更にお得になります。3本セットなら29,400円が22,350円、定期コースだと7,800円から6,980円で購入可能です。

育毛剤は、長期的に使用してはじめて実感できるものですから、割引制度があると助かります。また、実際に購入された口コミでは、2か月から3ヶ月くらいで効果を実感して、おでこの剃りこみ部分が緩やかになったり、風が強い日でも外出が楽しみになったりなどの声が聞かれます。

あくまで、個人差があるので全ての人に同じ効果があるとはいいきれませんが、効果があった人がいるのも事実です。