育毛剤は本当に効果があるのか?効き目を上げる方法や効かない場合の対処法について

育毛剤を使用してみても効果がある人とない人がいますが、それは育毛剤の選び方が間違っている可能性もあります。ここでは本当に効く育毛剤の特徴についてまとめています。

薄毛が気になってきたらどうすればいい?

薄毛は対策をせずに放置をしておくと、その症状がどんどんと進行をし、薬等での治療だけでは改善しない状態となってしまいます。

その場合は改善が難しいだけでなく、治療の為の費用も高額となり、治療法によっては100万円以上必要になってくる事も珍しくありません。

ですから、薄毛になってきたと感じた時点から、出来る対策をしっかりとしていく事が重要になってきます。

具体的な対策方法について

対策として有効な方法となるのが、育毛剤を使用することや日常生活を改善していくという方法ですが、効くのかどうか不安に感じる人も少なくないでしょう。

髪に必要な栄養素をしっかりと摂取する事が出来る食生活を意識する事や、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが分泌しやすいようにしっかりと睡眠をとるという事は、良い髪の毛を育てる上でも重要になってきます。

ですから、実践をしておく事で現在の髪の毛をしっかりと育てていく為に、これらは有効な方法となります。薄毛の悩みを感じたら出来る事をしっかりと実行することがおすすめです。

本当に薄毛に効く育毛剤の選び方

育毛剤を使ってもあまり効果を感じないという方は選び方を間違えている可能性が高いといえます。育毛剤の作用は様々あり、本当に効くものは人によって違ってきます。

ですから、自分の髪の毛や頭皮の状態に合わせて選ばなければ効果を感じないという結果になるのです。

育毛剤の作用を知った上で育毛剤選びをしよう

育毛剤の作用には、血行促進作用、毛穴洗浄作用、細胞分裂促進作用という作用があります。

血行促進作用は、ほとんどの商品に含まれているものですが、頭皮の血行が悪くなることで髪に栄養が行きわたらなくなることから起こる脱毛や発毛不全の状態を改善することが出来ます。

次に毛穴洗浄作用は、主に日常の生活の中で頭皮につく汚れや埃、またシャンプーの洗い残しなどによって毛穴が塞がれてしまうことから起こる脱毛や細毛を改善することが出来るものです。

最後に最近、新しく登場した細胞分裂促進作用は、これまでの育毛剤とは根本的にアプローチを変えて、毛を成長させる毛母細胞の細胞分裂を活発化させることで髪自体を多く育てるといったものです。

このように育毛剤一つとっても作用が大きく違いますので、しっかりと選んでいかなければ効果を感じることは難しいと言えるのです。

もしも、自分の髪の毛や頭皮の状態が分からないというような場合は、一度、皮膚科などで診察を受けて調べてもらうと良いでしょう。

おすすめの育毛剤を調べるなら口コミサイトがおすすめ

髪の悩みを持つ人は多く、そのためたくさんの種類が登場し、どれがいいのか迷ってしまうほどです。

そこで参考にするのが、口コミサイトなどのネット上での評判です。こういったサイトでおすすめされている育毛剤は本当に効くのでしょうか。

育毛剤の公式サイトに掲載されている口コミは良い物だけが抜粋されている可能性が高いので、参考にするなら口コミのまとめサイトが良いのは確かです。ここなら悪い情報も記載されているからです。

もちろんすべてが正しいとは言い切れませんし、それに正しいとしてもそれは個人の感想なので自分が使って同じような状態になるとは限りません。あくまで参考にする程度がいいでしょう。

口コミサイトは参考にする程度にしておきましょう

したがって、口コミサイトでおすすめされている育毛剤は必ず効くと思いこまない方がいいでしょう。

そもそも育毛剤は自分の髪の毛や頭皮の状態に合わせて選ばなければ意味がありませんので、使った人100人中98人が効果ありだとしても、自分は少数派の効果なしに入る可能性もあります。

ただ、例えば脂性もしくは逆の乾燥など、ある程度薄毛の原因が判明している場合、脂性肌・乾燥肌の方の口コミは参考になるはずです。

育毛剤の効き目を上げる方法

育毛剤は使い方を間違えれば、効果があまり実感できないことや反対に髪や毛穴にダメージを与えることになる場合もあります。そこでより効き目をアップさせるためにはいくつかのルールを守って使用しましょう。

まず、育毛剤は夜に使用しましょう。髪が作られるのは夜ですので、その直前に使用しておいた方が良いのです。また夜であればいつでもいいわけではなく、タイミングはシャンプーをした後にしましょう。

シャンプーをせずに育毛剤を使用すれば、毛穴には日中に出た汚れや脂が詰まったままで薬剤を浸透させることが出来ません。シャンプーで毛穴をきれいな状態にしてから育毛剤を浸透させるようにしましょう。

マッサージや生活習慣の見直しもやっぱり大切

そして、育毛剤を塗布した後は軽く頭皮に刺激を与えます。優しくマッサージを行ってもいいですし、指先で頭皮をトントンと軽くたたく程度でも良いでしょう。こうすることで成分を浸透させることが出来ます。

また、直接的な育毛剤の使い方ではありませんが、生活習慣を見直すことも大切です。不規則な生活や過度なストレスは薄毛や抜け毛の原因になるため、3食のバランス良い食事や十分な睡眠、適度なストレス発散を心がけましょう。

こうすることでより育毛剤の効き目を高めることが出来ます。

育毛剤が効かない理由別の対処方法

正しく育毛剤を使用しているのに効かない場合

正しく育毛剤を使用しているのに効かないという場合には、選び方を間違えている可能性があります。育毛剤というのは、どんなに効果の高い有効成分が含まれていたとしても自分の症状に合っていなければ効果がありません。

皮脂分泌が原因なのか、男性ホルモンの働きによる影響を受けてしまうのが原因なのか、血行不良が原因なのか、などの要因によって選ぶべきものが変わります。まずは症状に合わせた商品選びをすることが大切です。

症状を考えた上で購入したのに効かない場合

症状を考えた上で購入したのに効かないという場合には、使い方に問題がある可能性があります。頭皮に汚れや皮脂が付着したままであったり、血行が悪くて有効成分が浸透していないといった理由があります。

頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をきちんと取り除いてから使用しなければ効果が出ませんので、シャンプー後がもっとも最適です。お風呂の後は血行も良くなっていますので、1日のうちでもベストなタイミングです。

頭皮の血行を強制的に改善させるにはマッサージも有効な手段です。マッサージで揉みほぐすと一時的に血行が良くなりますので、育毛剤をしっかりと浸透させることができます。これらのちょっとした工夫で効果を高めることができます。