前髪の薄さで気になっている場合の育毛剤の選び方

薄毛や抜け毛にも種類があり、頭頂部の薄さであったり、M字型ハゲであったりなど、それぞれによって育毛剤の選び方が変わってきます。ここでは前髪の薄さで気になっている場合の育毛剤の選び方についてまとめています。

生えにくい前髪にも効く育毛剤の使い方

育毛剤は最低でも3か月、平均的には6か月の間、使用し続けなければ効果は現れないと言われています。なかでも前髪は他の部位に比べて効果が現れにくいと言えます。

同じ頭部なのに生えるスピードが違うことを不思議に思う人は多いと思います。実は前髪には髪が生成される前頭部にある血管の量が少ないのです。もともと血管の量が少ないところに血行不良が起こることで薄毛や抜け毛が起こるわけですから、効果は現れにくいのです。

ですが、育毛剤の使い方に気を付けると、少しは早く効果が期待できるのです。まずは育毛剤を塗布した後の頭皮マッサージに力を入れすぎないことです。育毛剤を塗布した後は指先でトントンと叩いたりして成分を浸透させます。

軽い頭皮マッサージは良いのですが、より浸透させようと強い力でマッサージすると正常な組織を破壊したり、血行を悪くしたりと逆効果になる可能性もあるのです。次に、生活習慣を見直すことです。

遅くても0時までには育毛剤を使用して、すぐに寝るようにしましょう。睡眠不足やストレス、長時間のパソコンや携帯電話操作による眼精疲労は血流を悪くしてしまうので注意しましょう。これらの点に気を付ければ前髪への効果も期待できるでしょう。

前髪の育毛にもナノアクションD

ナノアクションDは、育毛ケアを阻む皮脂を抜けるために、「PLGAナノ粒子」と「PCTナノエマルジョン」のナノテクノロジーを採用した新しいタイプの育毛剤です。ナノ化された有効成分が、皮脂を抜けて毛穴と頭皮から浸透するので発毛しやすくなります。

頭皮の皮脂腺の数は顔の額に比べても約2~3倍も多く、その分皮脂を分泌して毛穴を塞いでしまいます。ナノアクションDで採用されている「PLGAナノ粒子」は、毛穴よりも小さいので皮脂を抜けて発毛を促します。

また、毛穴に到着してから頭皮の水分によって、10時間かけて分解されていき成分を出すので、朝と晩の1回ずつでも一日中成分が毛穴に溶けだして育毛を働きかけます。

サントリーが徳治開発した「PCTナノエマルジョン」は、頭皮に馴染みやすい構造になっていて、血行促進成分である「酢酸DL-αートコフェロール」を浸透させて血行をよくして髪の毛を抜けにくくします。

他にも、植物由来エキスを主にした40種類の成分を配合しています。スプレータイプになっているので、前髪の生え際や頭頂部など、育毛を促進させたい場所へさっと吹き付けることが可能です。また、一回分も上にあるポンプ部分にたまるので、使いすぎということもありません。

前頭部への正しい育毛剤の使い方

育毛剤を使用するとき、髪を生やしたい場所によって使い方や注意すべき点が異なります。前頭部へ使用する場合は特に注意が必要であると言えます。なぜなら前頭部はもっとも髪が生えにくい部分であるからです。

前頭部には髪が生えるために重要な血管の数が他の部位に比べてかなり少ないです。そのため、育毛剤を正しく使わず血流を阻害してしまえば効果が表れないどころか逆効果になる可能性もあるのです。

正しい使い方としては、最初は他の部位の場合と同じです。シャンプーをして清潔な状態の頭皮に塗布します。次が重要で、普通であれば頭皮マッサージをしますが、前髪の場合は指で優しくトントンと叩くようにしましょう。

強い力での頭皮マッサージは血流の阻害や組織の破壊を引き起こします。ですから刺激を与える際は優しく行うように気をつけなければならないのです。そして、直接的な塗り方や浸透のさせ方以外でも気を付けるべき点があります。

それは日々の生活習慣です。前髪はちょっとしたことでダメージを受けやすいので、バランスの良い食事や十分な睡眠、ストレスは溜めこまないようにするなど、生活習慣を良くしていくと、より前頭部の育毛が上手くいくでしょう。

薄毛に似合う髪型とは

薄毛の人に似合う髪型のポイントは、全体のバランスを整えることです。例えばショートヘアより短いベリーショートやボウズ系は、分け目がないので薄毛が目立ちません。髪の長さが非常に短いので、コシのない柔らかな髪の毛やクセ毛をカバーします。

薄い部分をやや長めに、濃い部分をやや短めに切ることで、自然な仕上がりになります。また頭頂部から後頭部に髪の毛が残っているのならば、ソフトモヒカンがおすすめです。短髪がシンプルなのに対してソフトモヒカンはスタイルに変化を作り、オシャレを楽しむことができます。

髪の毛を垂らしたい人には、ショートレイヤーがあります。レイヤーカットで髪に段差ができ、髪が耳にかかります。前髪を垂らすので、ある程度前髪にボリュームが必要です。

よっておでこの生え際が後退しているが、全体の薄毛は進行していない場合に適しています。頭頂部や後頭部が薄い人は、オールバックで薄毛を隠すことができます。髪全体を後ろに流すことで大人の雰囲気が出ます。

髪の毛にクセがなく、直毛である人ほどきれいに仕上がります。逆に前髪や生え際の薄毛が進行しているM字型の人は、髪の薄さが強調されるので避けたほうが良い髪型です。

抜け毛が気になる頭皮を隠す髪型

抜け毛が気になる人の場合、男性でも女性でも髪の毛を長く伸ばして隠す髪型をしてしまいがちです。確かに抜け毛で頭皮が透けて見えるような場合は、残っている髪の毛で覆うような隠す髪型にしたくなりがちですが、却ってそれが悪い印象を与えることもあるためあまりおすすめは出来ません。

抜け毛で悩んでいる人は思い切って短くカットしたほうが全体のバランスも良くなり、爽やかな印象を他人に与えるため、男性の場合はスポーツ刈りやソフトモヒカン風の髪型、あるいは坊主頭も良いでしょう。

女性の場合もお手入れがしやすいボブやショートカットにして、抜け毛が気になる頭頂部などは前髪の位置に変化をつけるなどして対処していくのがおすすめです。隠す髪型になろうとパーマにしたり、ウィッグやエクステなどで髪の毛や頭皮に負担をかけていると余計抜け毛が増える原因になることも多いため要注意です。

あえてオープンにすることで他人が余計な気回しをする必要も無くなり、自分の気持ちを晴れやかにすることもできるため、隠さない髪型が逆に隠す髪型になってくれるでしょう。

男性でも女性でも、鏡を見ながら頭皮の透け具合を日ごろからチェックし、気になるようならかかりつけの美容師などに相談するのがおすすめです。

薬用プランテルを購入して試す

薬用プランテルは薄毛のための薬用育毛剤です。髪の毛が薄なる症状として、よく男性の場合は前髪がM字に後退してくる症状があります。これは年齢が若いことから起こることもあるので悩みの種でもあります。

しかしこのような薄毛には原因があります。その原因としてはホルモンの影響や生活環境の変化などがあるといわれています。ではなぜホルモンや生活環境の変化によって薄毛になるか、それは頭皮の血行不良を引き起こしてしまうためです。

血行不良を起こしてしまうことで結果的には髪に必要な栄養分を運ぶことができなくなるのです。髪は長い年月をかけて成長します。その間髪は伸びて成長するのですが、いつまでも伸びるわけではなく4年から6年という期間で抜けかわるのです。

しかしそれがこれら原因によって、髪の毛の成長期間が短くなってしまい、髪が育つより抜けるほうが早くなってしまうために薄毛になってしまうのです。このような場合は早めにヘアケアを行うことが大切で、薬用プランテルはこれら育毛に必要な成分を含んでおり効果があります。

薄毛が気になりだしたら、まず薬用プランテルを購入して使用することです。そしてもうひとつ大切なことは髪の成長サイクルを考えて使い続けることです。これで効果が出てきます。