飲み薬タイプの育毛剤はどうなのかについて

育毛剤は基本的には頭皮に直接塗りたくって浸透させるものが多いですが、実は飲み薬タイプの育毛剤も沢山販売されています。ここでは飲み薬タイプの育毛剤はどうなのかについてまとめています。

育毛剤には飲み薬もあります

育毛剤も多様化してきているので、たくさんのメーカーがこぞって販売しています。基本的には頭皮に直に塗布してマッサージなどを行いながら利用するタイプが殆どです。

けれども場合によっては飲み薬タイプもありますので、あまり塗布していても効果を感じられないというのであれば、飲むタイプに切り替えて育毛を実践していくのもいいでしょう。

作用も直接飲む分、塗布するタイプの育毛剤より強いのですが、若干副作用に関しても強く感じられることもありますので、利用前には注意事項などもよく読んでおきましょう。

種類としては、脱毛を抑制するフィステナリド系、そして育毛をしていく為に必要な栄養素や酵素を送り届けていくのに効果があるといわれるミノキシジル系があります。サプリメント系もありますが、この場合はあくまで日常の補助食品という位置づけで利用していくといいでしょう。

併用していく事でさらに育毛効果もアップしていきますので、予算があれば両方を上手に組み合わせて使ってみて下さい。生活していて抜け毛に気がつくとそれだけでも大変なストレスになってしまいます。少しでも予防や対策をしていく為に、育毛剤もいろんな種類を上手に使っていきましょう。

育毛剤としての内服薬とは

年齢に関係なく髪の薄さに悩んでいる人は多いものです、思いつく対策として外用薬としての育毛剤の使用が挙げられますが内服薬という選択肢もあります。

今のところ内服薬で効果を上げているものは成分名でミノキシジルとフィナステリドにデュタステリドでしょう、ただし、これらは本来別の症状に対しての医薬品であり、副作用として育毛効果が認められたものなのです。その上、内服薬の場合は皮膚からではなく直接体内に摂取するので慎重に使用しなくてはなりません。

ミノキシジルは血圧を下げる目的で高血圧症に使う薬であり、フィナステリドとデュタステリドは男性の前立腺肥大症に使う薬です、どれも副作用として育毛効果が見つかって育毛剤として利用されるようになりました。ミノキシジルは女性にも使えますが、残りの二種類はホルモンとの関係で使用は男性のみに限定されます。

これらは重大な副作用を起こす可能性があるので入手には医師による処方が必要です、既往症などはもれなく申告し使用可能か否かの判断を仰ぎましょう、また、健康保険の適用外なので全額自己負担となります。

同等品を個人輸入や代行業者を通して入手する人もいますが、品質的に信頼できるものではなく、先にも書いた通り重大な副作用を起こす可能性があるので大変危険です、必ず医師の処方に頼って入手するようにしましょう。

医薬品とは違いますが必須アミノ酸のひとつであるL-リジンやビタミンのひとつであるビオチンを育毛目的で摂取している人がいます、有効性については定かではありません、口コミの評価などを過信することなく現時点では育毛の手助けになるかもしれないといった程度の解釈に努めるべきでしょう。

発毛剤の中には内服薬もある

薄毛に悩んでいる人は、たくさんいます。薄毛になるのは遺伝的な要素も大きいのですが、食生活やストレス、不規則な生活なども薄毛に影響があると言われています。

最近では薄毛に悩んでいる人は、お年寄りだけでなく若い人にもたくさんいるのです。また女性も、このことについて悩んでいる人が増えてきているのです。そのために、薄毛対策として発毛剤を利用している人が大勢います。

この発毛剤には、大きく分けて外用薬タイプのものと内服薬タイプのものと2つのタイプがあるのです。女性の中には、美容外科や美容皮膚科を受診して内服薬タイプの薬を処方してもらう人も増えてきているのです。

このような美容外科や美容皮膚科では、一人一人に合った内服薬を処方してくれるのでとても効果的です。内服薬と言っても中に入っている成分が違うので、人によってどのタイプの成分が効くのかそれぞれ違うので、美容外科などに行って受診してから薬をもらうのも良いかと思います。

薄毛に悩んでいる人が大勢いるので、美容外科や美容皮膚科でも薄毛対策に力を入れているのです。ですから薄毛に悩んでいる方は、美容外科や美容皮膚科などで受診してもらうのも一つの有効な手段となるのです。

育毛剤に使用されている原料

一言で育毛剤と言っても、実にさまざまな種類のものが市販されています。それら育毛剤のパッケージを見ると分かる通り、使用されている原料も実にさまざまです。

抜け毛や薄毛が生じる原因は幾つかあります。たとえば、皮脂により毛穴が詰まってしまうこと、頭皮の血行不良、また毛母細胞の不活性化といったものなどです。そこで本当に効果がある育毛剤は、これらの原因を取り除くのに役立つ原料や成分が使用されているはずです。

たとえば、皮脂によって毛穴が詰まってしまう場合、ツルドクダミの根を原料としたものを選ぶことができます。ドクダミは血行を良くする働きがある薬草としてよく知られています。そのため、皮脂を抑制するのにたいへん効果的と言えるでしょう。

また、頭皮の血行不良が原因となって抜け毛が起きている場合には、マメ科の植物クララの根を原料としたものがすすめられています。このクララには抗菌作用があるとともに、育毛や発毛の妨げとなる血行不良を改善する効果があると言われています。

さらに、毛母細胞の不活性化が問題となっているのであれば、ウコギ科のトバニンジンの根を乾燥させた生薬が、毛母細胞を活性化させる上で効果的であるとされています。

評価の高い内服タイプの発毛剤は

発毛剤と一言で言ってもたくさんの種類があり、その摂取方法で分類すると外用タイプと内服タイプの二種類に分けられます。発毛剤として主流となっているのは外用タイプの方でしょう、内服タイプと比べ使用しやすいことや気軽に購入できるため評価されているようです。

これを入手するためには皮膚科などで診断を受けて処方箋を作ってもらう必要があり、外用タイプと比べると内服タイプの発毛剤は外用タイプのようにドラッグストアで簡単に購入というわけにはいかないため、なかなか主流と呼べるまでは広まっていません。

このタイプの薬として評価の高いものはプロペシアと呼ばれる商品でしょう。発毛剤と呼ばれるものはこの世の中にかなりの数があります。そしてそれぞれの商品で発毛に効果があるといわれる有効成分が変わってきます。

ただしその多くある有効成分のなかで実際に発毛効果があると認められている有効成分はほとんどありません。

今の所、発毛に効果があると認められている有効成分はフィナステリドと呼ばれているものとミノキシジルと呼ばれているものの二種類のみなのです。そしてこのフィナステリドという有効成分を利用しているのが皮膚科で処方されることが多いプロペシアなどの薬なのです。