トリートメント使用後の育毛剤の使い方

抜け毛や薄毛に悩んでいる人の場合、育毛剤の使用はもちろんの事、日々のシャンプーやトリートメントの使用にも気を使っているかと思います。ここではトリートメント使用後の育毛剤の使い方についてまとめています。

育毛剤入りのトリートメントの選び方

最近では、抜け毛がひどくなってしまった、地肌が見えるようになってしまった、といった神のトラブルは、男性だけではなく、女性でも悩んでいる方が多いため、男性用だけではなく、女性用も多く販売されています。

ドラッグストアなどで、薄毛や抜け毛対策などの専用のコーナーに行くと、非常に多くの商品が陳列されているために、どれを選べば良いのか迷ってしまうほどではないでしょうか。

育毛剤を選ぶポイントはいくつかあります。まず、男性用と、女性用の育毛剤では、成分や効き目などに違いが変わってきます。そのため、必ずご自身の性別に合った育毛剤を選ぶのが基本です。

特に女性で、カラーなどで傷んでしまった髪を整えたいと思っている方ですと、トリートメントを日常的に使用している方も多いのではないかと思います。毎日お風呂に入った時に、シャンプーをして、トリートメントをしてして、さらに育毛剤と付けて、いう作業を毎日行うのは大変です。

そんな方のために、お勧めなのは、シャンプーの効果があったり、トリートメント効果があるものです。育毛剤の頭皮の血行を促進したり、刺激したりする成分と、トリートメントの毛先のダメージをリペアして、整えたりする成分、どちらも同時に補うことができます。

薄毛への対策~ノンシリコンシャンプーを利用する

今ではすっかりおなじみとなっているノンシリコンシャンプーとは、一言で言うとシリコンが成分に含まれていないシャンプーのことです。シャンプーに含まれている洗浄剤は、それ単体だけですと髪がぱさつき、指通りが悪くなる場合もあります。

それを防ぐために含まれてるのがシリコンで、この働きによって頭髪に被膜が作られるため、指通りの滑らかさなどが守られるのです。

ただし反面、シリコンによる被膜は、頭髪や頭皮に良くない影響を与えるのではないかと言う議論もされており、そうした心配がないシャンプーを、と言うことで発売され出されたのがノンシリコンシャンプーです。

シリコンが頭皮の毛穴などを塞がないことで、より頭皮や毛髪にとって良い栄養素が届きやすくなる、そのために薄毛予防に効果があると言われています。ただし、頭皮からは毎日、皮脂も分泌されていますし、新陳代謝も起きており、シリコンがずっと毛穴を塞いでいるというのは考えにくいことです。

ですから、それほど神経質になる必要はないとも言えます。ただしシリコンは人工物です。体質的に薄毛になりやすいと言う方は、こうした人工物によるわずかな刺激が頭髪、頭皮に影響を与え、その結果として薄毛が発生していると言うことも考えられます。

そうした方は、刺激を避けると言う意味でノンシリコンシャンプーを使ってみると、効果が見られるかもしれません。またノンシリコンにこだわるのであれば、シャンプーだけでなくトリートメントもそうである必要があります。

抜け毛を防ぐノンシリコンシャンプーの使用

一般的に売られている合成シャンプーには、メチコン、ジメチコン、シクロメチコン、シリカといった成分が含まれています。これらがシリコン成分と広く呼ばれているもので、通常髪の表面をコーティングして光沢や艶を出し、綺麗に見せてくれる働きをします。

しかし、これらは合成高分子で、分子そのものの大きさが通常の物質より大きく出来ているものですから、毛穴に入り込んで詰まりや皮脂の過剰分泌を起こし、抜け毛の原因になるとも言われています。

従って抜け毛を防ぐ生活をしたいなら、ノンシリコンシャンプーに切り替えることも良い方法の一つといえます。ノンシリコンシャンプーとは文字通り、シリコン成分が全く入っていないシャンプーのことで、天然成分を配合することを重視した合成シャンプーのこともありますし、石鹸シャンプーのような、まったく石鹸のみでできためずらしいシャンプーの時もあります。

洗い上がりはシリコンシャンプーと比べて髪の艶感がやはり物足りないですが、洗い上がりはとてもさっぱりします。地肌の汚れ落ち度は格段に違うのが実感となって表れて来ると思います。

ただし、ノンシリコンシャンプーが地肌に効くと言われても、洗った後の髪があまりに乾燥してキシキシと絡まるのではブラッシング時などに返って抜け毛の原因になってしまいます。インバス、アウトバストリートメントなどで調整して髪の潤いのことも同時にケアしておくことが大切です。

抜け毛が気になるときは病院の前に洗い方を確認

シャンプーをしたり髪の毛をブラッシングしているときに抜け毛が増えてきたと気になってきたら、薄毛専門外来のような病院を受診する前に髪の毛の洗い方を確認するのがおすすめです。意外と正しいシャンプーが出来ている人は少なく、汚れが溜まった毛穴は抜け毛の原因となります。

まずシャンプーの前にはブラシで髪の毛の汚れを軽く落としておくことが大切です。頭皮をマッサージする気持ちで全体にブラシをかけましょう。

その後ぬるま湯のシャワーで髪の毛や頭皮の汚れを落としていきます。この二つの手間を加えることによって、そのままシャンプーをするよりも毛穴に詰まった汚れをしっかり落としていくことが可能になります。

指の腹で頭皮全体を揉み解すような洗い方をすれば、血行も促進されて汚れも落ちて一石二鳥です。洗い終わった後は充分すぎるくらいシャワーで泡を洗い流し、コンディショナーやトリートメントを使う場合は毛先だけの使用にとどめましょう。

このような洗い方を毎日続けていくことで頭皮の汚れをしっかりと落として抜け毛予防をすることが可能になります。育毛シャンプーや育毛トニックなど、頭皮や髪の毛の健康に良いアイテムを使用すれば病院に行かずとも現状を良くする事ができるでしょう。

シャンプー後のナノアクションDの使い方

ナノアクションDを使用する前にはシャンプーをしてから使う方がより効果的です。シャンプーをして頭皮の汚れを落としておくことで、より育毛剤の液を頭皮に浸透させることができます。

ナノアクションDはナノサイズの発毛有効成分になっているので頭皮の奥まで成分が浸透していきます。皮脂腺の多い頭皮は皮脂に邪魔をされて有効成分が毛穴の奥まで届きにくくなります。

ナノアクションDは2つのナノテクノロジーを採用しているので、その他の育毛剤よりも頭皮の奥の角質層まで成分を届ける作用があり、高い発毛効果が期待できます。その他にも血行促進成分や発毛促進成分にこだわって作られていて、その多くが植物由来エキスを中心として配合されています。

ニンジンエキスやセンブリ抽出液など40種もの成分が配合されているので、肌への栄養補給も充実しています。キャップの部分を時計回りに半回転させると1回分の使用目安量がポンプ部分に溜まるように設計されているので、使いすぎることがないので便利です。

スプレーボトルなので生え際や頭頂部などの気になる部分に手軽に噴射できます。噴射した後は、頭皮を指の腹でマッサージしながら揉み込むことで成分をしっかりとなじませることができます。