抜け毛の原因となる食べ物とは?薄毛予防とその対策について

薄毛や抜け毛の原因として乱れた食生活があげられることはありますが、という事は逆に抜け毛の原因となる食べ物だって存在する可能性はあるのではないでしょうか。詳しく調べてみました。

抜け毛の原因となる食べ物もあるらしい

普段口にする食べ物が、抜け毛を促進させるということもあるようです。成人男性の薄毛率が高い国はどこかという調査があり、そのランキングの上位の国では、食生活が偏っているというデータがあります。

どういう食生活が多いかというと、上位の国に共通するのは野菜が不足し肉類が非常に多く、脂肪分も高い食事ばかりとっているというのです。これらの国では薄毛率が高いことに加え、肥満体型の人も多いというのですからやはり食生活の片寄りが原因となり薄毛にさせていると思っても良さそうです。

脂っぽい食事を摂り続けると、頭皮から分泌される皮脂も多くなり毛穴を詰まらせ抜け毛を促進させます。また、野菜を摂らないことで栄養が偏り健康な髪が育たなくなってしまいます。

日本人の場合も、米が主食で野菜と魚を中心としたあっさりとした和食を食べていた時代に比べ、食生活が欧米化した現代の方が薄毛率が高いといわれています。

ですから、抜け毛を予防しようと思うのなら肉類など脂っぽいものを避け、野菜を多く摂りバランスの良い食生活を心がけることが有効でしょう。もちろん食べ物に注意するだけでなく、正しくシャンプーして頭皮を清潔にし、睡眠を十分とるなど規則正しい生活をすることも抜け毛予防には大切です。

「抜け毛」の原因はどこから?

最近抜け毛で悩む人が増加しています。原因はどこからくるのかと言うとさまざまなケースがありますが、遺伝的要因や生活習慣などが最も考えられます。

人間の髪は全体で約10万本ほど生えていると言われていますが、正常な場合でも一日に50~100本もの髪の毛が抜けます。抜け毛が気になり始めたからと言って1本1本数えるのは難しいことですが、シャンプーやブラッシングをした際に抜けた本数を気にしてみるのは有効です。

もしも抜け毛が増えたと実感した場合は予防対策をとるようにしましょう。髪が抜けることが不安でシャンプーをやめることは逆効果です。頭皮を清潔に保つために毎日のシャンプーは必要です。なるべく低刺激なシャンプーをマッサージするように使って下さい。

シャンプー剤を完全に流すためにすすぎは慎重にしましょう。食生活も脂っこいものは控え、たんぱく質やビタミンEが含まれた食事を積極的に摂るように心がけて下さい。ストレスが溜まることは髪に影響を及ぼしますので睡眠時間もしっかりと取って下さい。

時間がある時にショーキングやストレッチなどをして気分転換や体をほぐすこともストレス発散になります。普段の生活を改善するだけで抜け毛対策になりますので身近なことから見直しましょう。

抜け毛の原因を知り予防しましょう

悩みのひとつとなる抜け毛ですが、原因としてさまざまなことがあげられます。主な抜け毛の原因は、ストレスや不規則な生活や食生活、睡眠不足、喫煙やお酒の飲み過ぎ、紫外線による頭皮への刺激、冷え性などがあげられています。

これらを改善していくことで、抜け毛への予防をしていくことができるでしょう。ストレスの場合は、自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自律神経が乱れることで頭皮の血行を悪くしてしまい、髪へ必要なタンパク質やミネラルなどの栄養が届かなくなったり、皮脂が過剰に増えてしまったり、男性ホルモンが分泌しやすくなってしまうため、髪や頭皮に悪影響を与えやすくなってしまうので、髪にとってストレスを溜めないように生活していくことが大切にです。

睡眠不足の場合も、成長ホルモン分泌が減少してしまうので、ストレスを溜めないためにもしっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

また偏った食事をすることでも抜け毛への原因となります。肉類などの高カロリーのものばかり摂取していると、頭皮の皮脂が増加し、毛根が弱くなってしまいます。そうならないためにも、野菜や魚なども摂取し、バランスの良い食事を心がけましょう。

紫外線による刺激も髪や頭皮に悪影響を与えてしまうので、外出するときには帽子や日傘などを上手に使用して、頭皮を日焼けさせないように注意しましょう。頭皮が日焼けすることで炎症を起こしやすくなり毛根が弱ってしまいます。

また冷えることでも血行が悪くなり細胞に栄養が届きにくくなるため、冷えすぎないようにしましょう。抜け毛の原因となるものを予防していくことが改善への道と繋がるので、出来ることから対策をしていきましょう。

抜け毛の原因と対策について

抜け毛の原因には、食生活や生活習慣、ストレス、シャンプーなどケアの影響や病気などが考えられます。対策をするためには、自分がどのような原因で抜け毛が増えているのかを把握することが大切です。

特に病気や疾患の可能性については、早めに排除できるようにキチンと検査を受けておくようにしましょう。病気や疾患の影響だった場合、治癒することによって髪の毛を取り戻すことができます。
髪の毛を作るためには沢山の栄養が必要です。

また、その栄養は血液によって毛根に届けられます。そのため、栄養バランスの悪い食事や血行不良などの影響によっても髪の毛が抜けてしまうことがあります。脂肪の多い食事を摂ると皮脂の分泌が多くなって毛穴に詰まったり、血液がどろどろになって髪の毛がキチンと作れなくなって抜け毛を招くことになります。

寝ている間に髪の毛は作られますので睡眠不足もよくありません。ストレスも血行不良を招きます。薄毛を招かないような食生活や生活習慣を心がけましょう。

シャンプーなどケアの方法が間違っていることも髪の毛によくありません。シャンプー剤が頭皮に合っていなかったり、洗い方が雑だったり、洗いすぎていたりすると頭皮のトラブルを招いてしまいます。ブリーチやヘアカラーなど過剰なヘアケアも抜け毛の原因になります。ヘアケアは適切に行うとよいです。

抜け毛の原因と前兆から対策

髪の悩みはやはり抜け毛でしょう。髪の毛が抜けてくると徐々にヘアスタイルも決まらなくってきてしまい地肌が目立つようになってしまいます。

抜け毛には原因がありますが、主な原因としては二つあります。ひとつはホルモンです。男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、ともに髪の成長に影響を及ぼすものなのです。

もうひとつの原因は生活環境がこれまで変わったことによる影響です。例えば睡眠不足、ストレスやタバコ、飲酒、食べ物が油もの中心に変わったなどが考えられます。

髪にはヘアサイクルというものがあり、4年から6年という長い期間をかけて成長をするのです。成長しているあいだ髪は伸びていきますが、ホルモンや生活環境の変化によって、頭皮の血行不良が起こってしまうとこのヘアサイクルが乱れてしまうのです。

血液からの栄養分が血行不良によって届かなくなることでヘアサイクルが乱れます。前兆としては髪の毛にくせがでてきたり、細い髪の毛が多くなってくることがあります。

このような前兆が現れたら、早めに対処することが必要です。今は抜け毛の薬もあり、ヘアケアを行う方法もあります。いずれの場合も早く対応するということです。そしてヘアサイクルを考えて続けて行うということが大切です。

冷水を使って抜け毛の原因をなくそう

抜け毛とは、毛穴から生えてきた髪の毛を、頭皮が支えきれなくなって起きる現象であると考えることができます。つまり頭皮そのものに抜け毛の原因があるということです。

頭皮の状態が悪くなり、髪の毛を支える力がなくなってくると髪の毛は抜けてしまいます。そこで、衰えた頭皮を引き締めることが必要となるのです。その際に用いることができるのが冷水です。

髪の毛を洗った時などに冷水をかけることによって、頭皮を引き締めることができます。さらに、頭皮を冷却することによって毛細血管の収縮を促し、こうして血行が改善される結果になります。

しかし、ただ水をかぶればよいという単純なものではありません。もちろん人によって体質は大きく異なります。そのため冷水育毛法を用いる際にも、自分の体質と相談しながら行なう必要があります。

人によっては、髪の毛を洗い終わった後に水を使用するという方法を用いています。別の人は髪の毛を洗う際、お湯と水とを交互にかけるという方法を用いています。いずれにしても、心臓の弱い方や高齢の方などがこうした方法を用いたいと思う場合には、十分の注意が必要です。

また健康な方であっても冷やしすぎには注意しましょう。冷やしすぎるとかえって育毛の促進を止めてしまうことにもなりかねないからです。