抜け毛の多い時期と季節の関係性について

抜け毛で悩んでいる人の場合、何が原因であるかを特定することは非常に難しい問題です。ここでは抜け毛の原因としてあまり知られていない、時期と季節の関係性についてまとめています。

抜け毛が増える時期は季節が関係しています

毎日髪が抜けるのは多い人で100本以上だと言われていますので、薄毛の不安がない場合は多くても心配することはありません。

また、季節によっても抜け毛の本数に変化が出てくるものであり、特に春と秋はさらに本数が増えますので、その時期に毛が多く抜けたとしてもあまり気にしなくても大丈夫です。

たとえば春は移動や転勤、就職などで住環境が変わる時期ですが、これによりストレスがたまると、頭皮にも悪影響となり毛の抜け方がはやくなる可能性があります。

そのほか汗をかいたためスッキリさせようと、いつも以上にシャンプーをしすぎると、その刺激が髪へのダメージとなってしまいます。冬は、夏に浴びた強い紫外線のせいで髪が傷み、栄養がなくなって、しまいには抜け落ちてしまうようになります。

とはいえ、いくら気にすることはないと言っても、中にはそのまま薄毛へと進行していくケースがあるのを覚えておきたいです。

その理由は様々ですが、頭皮に栄養が行き届かないまま放っておいたり、カラーやパーマなどのかけすぎで頭皮だけでなく髪の毛まで傷めてしまうなど、髪にとって悪い環境が長く続くと抜け毛が増え続けることもあるのです。

その点をしっかり頭に入れて、普段から髪への栄養を考えるのはもちろん、ダメージを極力抑えることが大切です。

抜け毛は季節に関係ある?

多くの方が悩む抜け毛。普段はそこまで気にならないという方も、季節の変わり目になると抜け毛が増えてくる事が多いようです。ここでは、抜け毛と季節にどんな関係があるのかみていきましょう。

抜け毛が増える季節で最も多いのが、春と秋。一般的に、抜け毛が多いと感じるのが自然脱毛が多くなる春と秋です。動物にも夏の毛や冬の毛に切り替わる現象がありますが、人間にもこうした現象があります。

人間の髪の毛は成長期→退行期→休止期→脱毛というサイクルを繰り返しています。普段にも1日に60本~100本以上の髪の毛が抜けおちるのは正常の範囲内で、特に問題もありません。

季節の変わり目を迎える春や秋には特に抜ける本数が多く感じられても基本的には心配しなくても良いでしょう。冬の間は空気の乾燥や静電気によって頭皮や髪がダメージを受け、夏の間は紫外線やエアコンによる乾燥などで頭皮や髪にダメージを与えます。

こうしたダメージの関係もあり冬の終わりから春にかけて、夏の終わりから秋にかけて髪の毛が抜ける本数も多くなります。ほとんどの場合、ヘアサイクルによって髪の毛は再生されるので心配ありませんが、頭皮の血行が悪かったり、髪にきちんと栄養が行き届いていない場合などはヘアサイクルがうまく行われず、薄毛の原因にもなってしまいます。

ヘアサイクルを正常に保つ為に食事・運動・睡眠などの生活習慣をきちんと見直し、ストレスなども溜めこまないように管理していきましょう。

季節ごとの抜け毛の原因、特徴について

抜け毛と季節には密接な関係があります。季節に応じた抜け毛の原因や特徴を知っておくと、それが薄毛や脱毛につながるような抜け毛なのかどうかと言うことを判断できます。

まず人間は、動物の毛が夏と冬に生え変わるのと同様に、春と秋に抜け毛の量が増えます。ですから、この季節に少し抜け落ちる毛の量が増えたからと言って、それほど心配する必要はありません。

ただし、春には冬の間の、秋には夏の間の、頭皮や頭髪に蓄積されてきたダメージが形となってあらわれてきますから、そうした場合には注意が必要です。冬は寒さが厳しく、肌も乾燥しがちです。

そのため、頭髪を守る役割を果たしている皮脂があまり分泌されません。また寒さで血行が停滞しやすくなるため、育毛に必要な栄養が毛根に届きにくくなります。そのため、抜け落ちる毛の量が増えやすくなります。

一方、夏の場合は、冬とは反対に皮脂が過剰に分泌されやすくなります。汗もたくさんかくため、毛穴が詰まりやすくなります。また強い日差し、紫外線を浴びることで、頭皮はどうしても硬くなってしまいやすくなり、その結果、発毛に必要な栄養が毛根までうまく届かず、抜け落ちる毛の量が増えてしまいます。

季節は絶え間なくやって来ます。冬のダメージを負ったまま春を迎え、自然な抜け毛が増えたと思ったら夏がやって来て、そのダメージが癒えないまま秋を迎え、あっと言う間に冬が来てまた乾燥と寒さによるダメージを負って、と言うサイクルを繰り返している内に、薄毛へと進行し、手の施しようがない事態にまで陥ってしまう可能性も十分にあります。

そうならないよう、ワンシーズンごとに適切な対応をとることが大切です。

抜け毛が多くなる季節と栄養不足

抜け毛は毎日、誰でも起こります。しかし、いつもとは違う量だったり、あまりにも目につくようだと、頭皮や髪の毛の環境を見返す必要があります。抜け毛の原因となるのが季節の変化と栄養不足です。

これは自分で改善できるので、まずはチェックする必要があります。まず、抜け毛が多くなるのは、季節の変わり目です。季節それぞれで、髪の毛に負荷をかけてしまうポイントがあります。

冬は乾燥しますし、夏は紫外線のダメージが蓄積します。これらがある程度溜まってしまうと抜けやすくなりますし、季節が変わり環境も変わると抜けて、次の髪の毛に生え変わることが多くなります。

特に夏から秋に変わる時は、抜け毛が多くなる場合が多いです。と言うのも、紫外線のダメージはシャンプーやコンディショナーなどだけではケアしきれません。また、そこに加えてドライヤーの熱、クーラーで乾燥もあるので痛む度合いが強くなります。

抜け毛は栄養によっても左右されます。髪の毛の健康や成長に欠かせないのが亜鉛やタンパク質です。もちろん、どの栄養もバランスよく摂っていないと、せっかくの亜鉛やタンパク質も効率よく働くことができません。ですが、定期的にコンスタントに摂取するように意識すると良いでしょう。

季節によって抜け毛が増える場合の原因は乾燥

普段はそうでもないのに季節によって抜け毛が増えるといった場合、その根本的な原因は乾燥にあると考えられます。元々の体質や加齢によって肌は乾燥しやすい状態になっていき、特に冬場は多くの方が保湿ケアを心がける季節といえるでしょう。

しかし、頭皮の保湿ケアにまで気を配っているという方はどのくらいいるのでしょう。実は、頭皮も肌の一部ですので、当然、他の部分と同様に乾燥しやすい時期には保湿ケアが欠かせない場所でもあります。

しかし、意外とこうしたことは知られておらず、頭皮の保湿ケアを行っている方はあまりいないといえます。頭皮の保湿ケアを怠ると肌同様にトラブルが起きやすくなりますが、例えば、頭皮が乾いてインナードライ状態になると皮脂の分泌が増えてしまいます。頭皮の皮脂のバランスが崩れることは髪にとって悪影響となり、抜け毛の原因となるのです。

それを防ぐためには頭皮がインナードライ状態にならないように保湿ケアをしなければいけません。特に皮脂の分泌をコントロールするようなビタミンCなどが配合されたものでケアすることがおすすめです。

このように季節によって抜け毛が増える場合は、保湿ケアが足りていないと考えられます。市販には頭皮用の保湿ケア商品も販売されていますので心当たりがあれば使用を考えてみましょう。

夏の季節に抜け毛にならない為の注意点

ストレスの多い現代社会、こうしたストレスは髪や頭皮にも大きな影響を与えます。このほかにも抜け毛や脱毛の原因となる要素は様々でたくさんの人がこうした悩みを抱えています。

冬場は乾燥に特に注意しなければと意識している人も多いですが、この乾燥は夏場でも同様に注意する必要があるのです。というのも夏場は紫外線量も強くより髪にダメージがたまりやすいのです。紫外線により髪の毛の表面のキューティクルが破壊されてしまうからです。

帽子をかぶるなど直接紫外線を受けない工夫をすることが必要です。しかし帽子をかぶった際も汗が出た場合はこまめにタオルなどでふき取る必要があります。汗をそのままにしておくと頭皮に雑菌が繁殖してしまい抜け毛の原因となっているのです。

室内では冷房の入った空間にいることも多くこうした空間では実は冬場と同様に乾燥にも注意しなければならないのです。冷房の入った空間では体の冷えすぎにより血行が悪くなったり、頭皮が乾燥するのです。

冷房を使用する際の注意点としては湿度を60%程度に保ったり、冷房の風を直接体(髪の毛を含む)に直接当てないといったような心構えが必要です。

更に夏の季節にはお風呂に入ってもシャワーだけという人も多いのですが、できることならば浴槽にゆっくりつかることも効果的です。このように特別な道具などをそろえる必要はなく自分の意識だけでも頭皮環境を改善したり、良好な状態を保つことが出来るのです。

抜け毛の多い季節は専門医のもとへ

春や秋は抜け毛が多い季節といわれていますが、これは季節の変わり目が、自分でも気づかないうちに、頭皮に深刻な影響を与えているためです。

特に春に抜け毛が多いのには3つの理由があり、そのひとつは、犬や猫などの動物が季節の変化により、冬毛になったり、夏毛に変わるのと同じように、人間も動物なので、そのときの習性が残っているという説があります。

他にも、花粉症などのアレルギーが頭皮にダメージを与えるからとも考えられています。花粉症の症状は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみだけではなく、皮膚にかゆみも起こることから、頭皮も同じような症状が起き、その結果、抜け毛が増えるというわけです。

また春は、転勤や転職、引越しなどの季節ですから、これまでと違う環境の中で過ごさなければならなくなる人が増えます。そのストレスのせいで眠れなくなったり、血行が悪くなったり、ホルモンバランスを乱してしまうので、それが原因で抜け毛が増え、健康的な太い髪の毛が生えてきにくくなるともいわれています。

いずれの理由で薄毛になっていたとしても、自力ではなかなか改善することはできないので、抜け毛が増えたと感じたら、すぐにAGA治療を行っている病院へ行き、専門医に診てもらうことをおすすめします。

止めたい!季節の変わり目に生じる抜け毛

抜け毛が起こる原因はいろいろです。そこで、それぞれの原因にあった対策をとらなければなりません。一般に、季節の変わり目などには大量の抜け毛が起こりやすいと言われています。

たとえば夏は日差しが非常に強くなり、頭皮を含め肌の日焼けが起こります。日焼けは一種のやけどのようなものです。その日差しによりダメージを受けたことが原因となって抜け毛が増えてしまうのです。これを防止するためには夏の間の頭皮ケアが重要なポイントと言えるでしょう。

夏が過ぎ秋口になり、抜け毛が気になるようであれば、是非とも早くにケアをして止めたいと思うものです。外出時には引き続き帽子をかぶるようにしてこれ以上症状を悪化させないように注意しましょう。

また症状を止めるためには、食習慣や生活習慣の改善を図ることも必要です。ミネラルやビタミンなどを豊富に含む栄養価の高い食品をしっかり摂るようにします。毎日の睡眠も非常に重要なポイントです。

睡眠不足はストレスを生じさせ、症状を悪化させてしまうことになるでしょう。加えて、ふさわしい洗髪に努めることです。正しい方法できちんと洗髪しないと、汚れが落ちず抜け毛を促進してしまうことがあります。特に、皮脂の分泌が活発になる夏にはなおさら必要となります。