抜け毛対策に効果的な洗髪方法について

起きてすぐの枕元やお風呂の排水溝にごっそりと抜け毛を見つけてしまった場合、かなりのショックですよね。ここでは抜け毛対策に効果的な洗髪方法について詳しくまとめています。

抜け毛対策は洗髪が重要

人にはなかなか言いづらい抜け毛の悩み。悩めば悩むほどストレスになり、更に悪影響を及ぼします。抜け毛が気になり始めたら正しいヘアケアをマスターしましょう。抜け毛が増えると洗髪をするのが恐くなってしまうかもしれません。

しかし、頭皮に皮脂汚れが溜まるのは髪にも頭皮にも逆効果です。頭皮の環境を良くするためには、正しいシャンプーの仕方を知ることが必要です。まずはシャンプーをする前にブラッシングをして汚れを浮かします。

ブラッシングすることで頭皮にマッサージ効果も与えることができます。次に髪を濡らしますが、この時あまり熱いお湯は使わないようにして下さい。適温のお湯でまんべんなく髪を濡らします。

シャンプーの仕方ですが、指の腹で揉みこむように優しくマッサージをするように洗います。スタイリング剤を使っていたり、汗や砂埃などがひどい場合は2度洗いすることをおすすめします。

大切なのがすすぎです。シャンプー剤が残らないように丁寧に洗い流します。その後リンスやトリートメントで仕上げをしますが、すすぎはしっかりとしましょう。洗髪が終わったらしっかりと髪を乾かして下さい。血行促進のために育毛剤を使用することも効果的です。

抜け毛を防げるシャンプーの成分は

スーパーやドラッグストアに行けば、オシャレなデザインのシャンプーがたくさん売られていますが、いくらパッケージが良くても、中の成分が良くなければ、頭皮に悪い影響を与えるので気を付けなければなりません。

洗浄効果があまりにも強すぎるものを選ぶと、頭皮に必要なうるおいまでがなくなってしまうので、洗髪後にフケがたくさん出たり、かゆくて仕方なくなってしまうでしょう。

ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Na、シリコンなどの成分は特に頭皮に与える影響が大きいので、これらが入っているものは、なるべく選ばないようにしたいですね。

しかしまったく洗浄効果がないものを選ぶと、毛穴に汚れや皮脂が詰まったままになるので、健康的な髪の毛が生えて来にくくなります。

若いころに比べると、毛が細くなったり、抜け毛が多くなったと感じたら、それは今使っているシャンプーが自分に合っていない証拠なので、育毛対策用のものに切り替えるようにしてください。

育毛対策用のシャンプーには、ニンニクエキスや海藻エキス、ヒオウギエキス、ジオウエキスなどの成分が入っているので、抜け毛を抑えることが出来ます。ランキングで人気が高いものを選べば失敗しないので、口コミの評価を調べてから購入するようにしましょう。

抜け毛対策に最適なオーガニックシャンプー

オーガニックとは有機栽培の事を指し、健康志向の現代では人気があります。シャンプーにもオーガニック製品がたくさんあります。着色料や界面活性剤、香料などの化学成分を含まず、農薬や化学肥料を使用しないで栽培された植物由来のエキスが主成分です。

自然成分のため頭皮や毛髪にダメージが少なく、また植物の持つ殺菌作用や抗炎症作用もあるため、抜け毛で悩んでいる人には最適です。肌が敏感な人にも向いていますが、まれに使っている植物に対してのアレルギーが出る人もいます。

また、シリコンが入っていないので、シリコンによる毛穴の詰まりが起こらないのも抜け毛防止に効果があります。シャンプーを選ぶ時に注意したい点があり、日本では化粧品などのオーガニックの基準がはっきりとないため、少しでも有効な植物エキスが入っていれば標示が許されています。

また、ノンシリコンであっても、他のコーティング剤が入っている事もありますので、購入する前に成分を確認するようにします。

しっかり管理されたシャンプーには化学成分が含まれていないため、普通のシャンプーより洗いあがりがギスギスしたように感じてしまいますが、長く使用する事で頭皮や毛髪が健康になり、抜け毛防止の効果が感じられるようになります。

雨に濡れることで抜け毛が増えることは

雨に濡れると抜け毛が増えると昔からよく言われておりますが、雨に濡れると抜け毛が増えるという噂は酸性雨によってもたらされているものです。

酸性雨は、工場や自動車などから排出される大気汚染物質などが大気中の水や酸素と反応することにより、強い酸性の雨となります。

しかし、酸性雨は実のところ、髪の毛や頭皮に影響を与えるということはありません。人の皮膚は弱酸性に保たれており、頭皮も皮膚なので、弱酸性となっており、酸性雨は頭皮に悪影響を与えるほどの酸性ではなく、人の皮膚と同じ弱酸性程度なので、酸性雨に当たったからといって、抜け毛が増える原因とはなりえません。

ただし、雨だけではなく、普通に頭を洗った際に、濡れる髪をそのまま濡れたままにしておくと、頭皮に悪影響を与えてしまいます。また、髪が濡れている状態でいることによって、髪の表面のキューティクルに隙間が生じてしまい、痛みやすくなってしまいます。

抜け毛と、髪の毛が雨に濡れることに対しては関係はありませんが、濡れた髪を乾かさないでいることによって、頭皮や髪の毛に悪影響を与えてしまうので、髪が濡れたらしっかりと乾かすことが髪の毛や頭皮を正常に保つためには必要です。

風呂上がりの正しいタオルドライで抜け毛対策

髪を洗った後の風呂上がりでは髪が濡れた状態ですので、ほとんどの方がタオルで髪の水分をとるタオルドライを行うはずです。もしも、自然乾燥に任せてタオルドライをしていないという場合は、抜け毛対策のためにもするようにしなければいけません。

なぜなら、髪を長時間濡れたままにしておくと頭皮に細菌が繁殖しやすい環境になってしまいますし、髪を守っているキューティクルが正常な働きをしなくなり、髪を弱らせてしまうなど抜け毛の原因となるからです。

このようなことから、髪を洗ったならタオルドライは欠かせません。しかし、ただ闇雲に髪を拭けばいいというものではなく、正しい方法で行わなければ髪にダメージを与えて、抜け毛の原因となるため注意が必要です。

正しいタオルドライの方法は、まず頭皮の水分をとることからはじめます。マッサージをするかのように手で優しく揉むようにしてタオルで水分をとっていきましょう。

髪が短ければ頭皮の水分をとるのと同時に髪の水分もほぼ拭き取ることができるのですが、長髪の場合、この後に今度は髪の水分を拭き取る必要があります。

髪をタオルで挟むようにして上から下に向かって水分をとっていきましょう。このように正しくタオルドライをすることで抜け毛対策になりますので、抜け毛が気になってきたという方におすすめです。

抜け毛が気になる人は整髪料のつけすぎかも

嗜みとして整髪料を使用する人も多いと思います。しかし、現在あなたが抜け毛に悩んでいる場合は、その整髪料が原因となっているかもしれません。整髪料の使い方として、最低限気を付けておきたいのは地肌には付着しないようにすることです。

地肌につくことで頭皮に刺激を与えることとなってしまい、抜け毛の原因となってしまいます。整髪料の使い方は、少量を毛先につけるぐらいがベストです。つけすぎても髪がベタッとなって不潔感を与えてしまいますし、抜け毛の原因にもなるので良いことなしです。

またお風呂でシャンプーをする際にもワックスやムースなどをしっかりと落とすように、入念に洗うようにしてください。おすすめは二度洗いです。一度目のシャンプーで髪を洗って綺麗にし、二度目のシャンプーで頭皮を洗うという方法です。

この方法で髪を洗うことで、洗い残しが残ることを防ぐことができます。またすすぎも入念にするようにしましょう。抜け毛の原因となるのはシャンプーの方法以上に、すすぎがしっかりしていないことが原因となることが多いのです。時間にして大体2~3分ほどはすすぎに時間を使うと良いでしょう。またお風呂あがりには、すぐに髪を乾かすようにしましょう。