ポリピュアの副作用や危険性について

育毛剤は認可されている医薬品だけでなく、シャンプータイプの育毛剤などもありますが、ものによっては副作用が出る可能性もあります。ここではポリピュアの副作用や危険性についてまとめています。

ポリピュア特徴や副作用について

ポリピュアは2007年に発売された、頭皮に直接振りかけるタイプの育毛剤商品です。数度のリニューアルを重ね、2015年現在は新ポリピュアEXとして展開されています。

ポリピュアの特徴は、使用感が審査基準の1つになっているモンドセレクション賞を複数回受賞している事にあります。使い易さという点で高い評価を得ている訳です。

また成分としては特許成分でもあるバイオポリリン酸を主としており、リニューアルによってニンジンエキスといった自然由来の育毛成分の配合も充実させています。その構成は数ある育毛剤の中で、比較的独自性に富んだものとなっています。

ただその独自性故、副作用が気になります。この点については、主成分であるバイオポリリン酸は薬剤系の成分では無く、類似する成分はヒトの細胞の中にも存在するものである事がポイントとなっています。基本的に重篤な副作用は、心配する事が無いものと考えられます。

体質によりどうしても意図しない作用が出る事があるのが育毛剤の宿命ですが、ポリピュアの場合は使用した頭皮のかぶれ等に殆どが留まる為に気付き易い状況にあります。また販売者側でも対策として返金保証を付けており、比較的安心感は高い商品と言えます。

薬用ポリピュアを使う際の注意点とは

薬用ポリピュアは、育毛剤です。センブリエキスやユーカリ油など、薄毛に有効な、様々な成分が含まれていますが、中でも、バイオポリリン酸と言う、注目の成分が含まれています。

この成分は、育毛に効果があると言うことが、日本はもちろん、ヨーロッパやアメリカでも知られていて、すでに特許も取得済みです。使用方法はとても簡単で、頭皮や毛髪をきれいにシャンプーした後、頭皮に直接スプレーし、優しく揉み込むだけです。

有効成分が頭皮の血行を促進し、栄養成分を毛根へ運ぶことで、毛の成長が促され、効率よく発毛するようになります。ただし、ポリピュアを使用する際には、いくつか注意点があり、頭皮が荒れている時には使用を控えることが大切です。

ポリピュアは安全に使用出来ると言うことでも知られていますが、頭皮が荒れて、敏感になっている時には、トラブルが起こることもあります。そのため、まずは自分の頭皮の状態を確認し、問題が無ければ使用を始めることがポイントとなります。

また、AGAによる薄毛の場合、ポリピュアの効果が期待出来ないため、利用は考えた方が良いです。自分の薄毛の原因を、しっかりと把握してから使い始めることが大切になります。

ポリピュアを使い続けると危険性があるのか

育毛剤は長く使い続ける物なので、副作用や危険な事があれば特に注意したいものですが、ポリピュアには危険性がありません。1つにはポリピュアには香料や着色料、石油系界面活性剤などの添加物が一切使用されていないという事です。

肌に負担をかけるものが添加されていないので、他の育毛剤を使ってかぶれてしまった人や頭皮がデリケートな女性でも使い続けることができます。痒みや炎症を引き起こすことなく使えるようにアレルギー試験も行なわれています。

またポリピュアに含まれている有効成分ポリリン酸は人間の細胞に含まれているもので、頭皮につけても拒否反応を起こす危険性がありません。

ポリピュアに使用されているのは特許を取得したバイオポリリン酸で、浸透力が高く毛根に働きかけて細胞分裂を促し髪の毛を成長させます。毛根の中の髪の成長の鍵を握る毛乳頭細胞に直接働きかける事ができるのが大きな特徴です。

またバイオポリリン酸だけではなくニンジン抽出液やセンブリエキスなど天然由来の成分を使用しており、発毛させるだけではなく強い髪の毛を育てる効果もあります。保湿成分であるヒオウギエキスも含まれており、より良い髪を育てる為に頭皮環境を整える役割を果たしています。

ポリピュアで液体が白くなる原因

ポリピュアを使用するときに頭皮に近いところからスプレーをすると白くなることがあるのですが、これは薬用成分がスプレーの噴射によって固形状になっただけなので、品質に心配はありません。

また健康に対する副作用などもないので、安心して使用することができます。ポリピュアは毎日朝と晩の2回使用することで、効果があるとされているのですが、育毛剤の効果が実感できるようになるまでは最低でも3ヶ月かかるとされているので、なかなか効果が実感できなくても3ヶ月程度は継続して使用しなければなりません。

ポリピュアに重い副作用などは無いとされているのですが、頭皮が炎症を起こしている状態だと、症状を悪化させることがあるので注意をしなければなりません。

また白くなるほど近い位置からスプレーを続けていると髪の毛を傷めるので、5センチ程度離れた位置からスプレーを噴射することが重要です。

ポリピュアは育毛と脱毛予防をすることのできる育毛剤なのですが、細くなった髪の毛を太く健康にすることで、薄毛を改善して、さらに抜け毛を減らすことで頭皮の髪の毛を増やしていきます。

髪の毛は3ヶ月の毛周期で生えかわるので効果を実感するためには最低3ヶ月以上は使用しなければなりません。

ポリピュアを利用することで体重増加が起こるのか

育毛剤にも様々な種類がありますが、その中でも効果の高いものを利用したいと考える方は少なくないでしょう。しかし効果の高さと共に注意して頂きたいのが副作用です。

育毛剤には病気の治療のために使われる「医薬品」と症状の改善を目的として使われる「医薬部外品とがあり、ポリピュアは後者の医薬部外品に分類されます。医薬品は高い効果が得られる反面、副作用が起こる可能性もあります。

医薬品に分類される育毛剤の副作用としては、急激な体重増加や手足のむくみ、性欲の減退や性的不能、手足や顔の痛みやしびれ、胸の痛み、動悸、不整脈、重度の低血圧、多毛症、皮膚の紅潮、頭痛意識朦朧、かすみ目、ニキビなどがあります。

それに対し医薬部外品は医薬品ほどの高い効果はないものの、副作用は基本的には起こらないとされています。ですからポリピュアなどの医薬部外品に分類される育毛剤を使用した場合でも、体重増加などといった副作用の心配はせずに済みます。

ポリピュアに含まれている成分を見てみても高い毒性のある成分は見られません。ただしエタノールに対しては、ごくまれにアレルギー反応を起こす方もおられますので、エタノールアレルギーの方は注意しましょう。

ポリピュアは高血圧の人でも安全に使えます

育毛剤を使う上で、怖いのが副作用です。一部の育毛剤は効果が高い分、人によっては副作用が表れると言われています。特に高血圧の人は、ミノキシジルという成分に要注意です。症状が悪化してしまう恐れがあります。

それでも薄毛に悩んでいる人は、育毛剤を使いたいところでしょう。正しいシャンプーの仕方や頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行を良くし、抜け毛を減らすなどの効果を期待できます。ただ、それだけでは発毛には繋がりません。

髪の毛を手に入れるためには、やはり育毛剤が不可欠です。そこで副作用の心配がない育毛剤を選びましょう。ポリピュアという育毛剤は、高血圧の人でも安心して使えます。

その理由は、血圧に影響を与える成分が一切入っていないからです。また、その他にも大きな副作用が起こるリスクがありません。頭皮に湿疹やニキビがある場合は、副作用が出る可能性もありますが、症状としてはそれくらいで、基本的には安全です。

どの育毛剤を使えばいいか悩んでいる人は、ポリピュアを選択すると良いでしょう。発毛効果が期待できるだけではなく、長期間使っても副作用の心配がない育毛剤は、ポリピュアくらいだと思います。高血圧の人にとっては、ありがたい育毛剤ですね。

頭皮が赤いという悩みにはポリピュア

頭皮が赤い場合、何らかの異常をきたしている証拠であると考えることができます。そのため、さっそくふさわしい対策を講じることが必要です。まずは赤みを引き起こしている真の原因を突き止めることです。

頭皮が赤くなる理由は幾つかあります。たとえば、適切でないシャンプーを使用していること、健康的でない食生活、過度のストレス、また睡眠不足といった事柄が挙げられます。

自分の生活を見直し、これらの点で改善が必要かどうかを吟味してみることができます。それに加えて、育毛剤の使用を考えることができるでしょう。しかし、仮に間違った育毛剤の使用により、赤い頭皮がより悪化したとしたらそれは大変なことです。

それぞれの育毛剤に配合されている成分や効果をよく調べ、症状を本当に改善できるものを選ぶことができます。特に、最近人気のポリピュアは身体にやさしい成分が配合されているため副作用の心配が少なく、不必要に刺激することもありません。

またポリピュアには、育毛や発毛の点で非常に高い効果が期待できる成分が豊富に含まれています。実際、頭皮の赤みに悩んでいた人がポリピュアを使用して改善できたという報告もあります。そこでポリピュアの使用を積極的に考慮できるでしょう。