リアップの危険性やアレルギーについて

リアップは年齢制限もあるほど、発毛効果に高い期待を持てる育毛剤ですが、その分間違った使用方法などをするとアレルギーなどを引き起こす危険性もあります。ここではリアップの危険性やアレルギーについてまとめています。

リアップの副作用で起こるアレルギーとは

リアップは、20歳以上の壮年性脱毛症の男性に向けて作られた医薬品です。壮年性脱毛症とは、遺伝性の薄毛や抜け毛の事で、何年もかけてゆっくり進行していきます。加齢に伴う男性の脱毛は多くがこの壮年性脱毛症に当てはまり、特別な疾患ではありませんが、悩んでいる男性が多いのも事実です。

リアップが効果的なのは、頭頂部から抜け毛が進行したり、前髪の生え際が後退していくタイプの脱毛です。円形脱毛症や甲状腺疾患の影響での脱毛では、それに適した薬剤を使用して下さい。

リアップの効果を万全に得るには、4カ月程度の時間が必要です。これは毛髪の成長に合わせて改善していくため、髪が生え変わる事で効果を実感できるようになります。

リアップは医薬品ですので、アレルギー反応が起こる可能性があります。一般的な症状は皮膚の発疹や発赤、かゆみやかぶれです。今までに薬や化粧品などでアレルギー症状が現れた人は、使用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

他の注意点として、頭皮に傷や湿疹、炎症等がある部位は完全に治癒してから使って下さい。また、他の育毛剤と併用すると、リアップの吸収を妨げたり、有効成分が効きすぎ副作用が現れる可能性があります。適量を正しく使う事が大切であり、過剰に使っても効果は高まりません。

リアップで循環器機能が悪化する

リアップは増毛剤として定番の商品となっています。成分として含まれているミノキシジルによって血流が良くなり、細胞が活性化する事によって増毛効果を期待する事ができるとされています。また、薬理作用が異なる薬剤の場合は併用が可能となりますので、増毛の効果を高める事が可能となっています。

さて、そのようなリアップは、万能な薬でもなければそもそも増毛目的で作られた薬ではありません。元々は降圧剤として作られた薬となっています。そのため、循環器機能に何かしらの影響が生じる事が考えられます。

副作用などが出現して身体状態を著しく悪化させることも珍しくありません。降圧剤ですので、血圧が元々低い人は更に下がってしまい低血圧症状が出てくる可能性があります。

また胸部痛や、性機能の低下等、その他の副作用が出現する可能性があり、使用する場合は薬剤師の指導が必要な薬となっています。薄毛治療などを考えているのであればまずはクリニックなどで相談してみる事が大切です。

増毛したいがためにリアップを使いすぎてしまい、身体状態を悪化させるリスクが有ることはしっかりと理解しておかなければなりません。そして、安易な利用は避けるようにしましょう。

薄毛治療に効果的なリアップの危険性とは何か

もしも薄毛に見舞われたならば、外見的な自信が失われるなどの精神的なストレスも大きくなり、仕事や人付き合いの面でも引っ込み思案になってしまいかねません。

しかしながら薄毛は適切な処置や毎日のケアを続けることで大きく改善することも可能です。たとえばその薄毛の原因としては、生活習慣やストレス、頭皮環境の悪化、あるいは男性型脱毛症などで頭皮の血めぐりが悪くなっていることもあり得ます。そうやって血液を媒介に栄養分が過不足なく運ばれることが妨げられてしまうのです。

そんな時に効果的なのがリアップの利用です。ミノキシジルを配合したこの液体の育毛剤は、その成分ゆえに頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させ、その血流に乗せてより多くの栄養分を運搬できるように環境を整えていきます。こうして失われた頭髪の成長力や発毛力を取り戻していくのです。

ただしリアップには副作用の可能性もありますので、きちんと把握しておく必要があります。たとえばミノキシジルは血管を拡張させることで血圧を低下させる効果を持っています。ここでもしも元々血圧の低い人だったとしたら、血圧が下がり過ぎて血管や心臓に負担が掛かる危険性も出てきます。

また、場合によっては発疹やニキビ、低血圧による立ちくらみや眩暈などに苛まれる人も多いようなので注意が必要です。

リアップを使用して臭いは

抜け毛が多くなり、朝起きた時の枕の上とか、お風呂場の排水口を見て、だんだん薄毛になっていく様子が自分でわかってきた時はどうしようかと悩み、それがまたストレスになって抜け毛を増やすことにもなりかねません。気づいた時にはなるべく早くリアップの使用をすすめます。

薄毛の解消を目指す育毛剤はリアップになります。リアップに含まれているミノキシジルが頭皮の毛細血管の拡張をして、髪の毛の成長を促すのです。そのリアップを使う時に臭いが気になると言われる方もいます。

その臭いが他の人に不快に思われないだろうかと気になる人がたまにいらっしゃいます。リアップの臭いはアルコールのにおいです。アルコールが苦手な人には気になるかもしれませんが、病院で注射の前にアルコール消毒をする、あのにおいなので使っているうちになれてきます。

また、その育毛剤を使っている人が頭皮に汗をかいたとしても、頭皮や体臭が強くなるということもありません。

育毛剤を使っている時はなるべく汗をかかないようにするのが良いので、頭皮が蒸れるような帽子などは避けた方が良いです。自分でそのにおいになるべく早く慣れて、ある程度の期間を継続して使って早く発毛を実感してください。

リアップの薬物相互作用と副作用

リアップは第1類医薬品に分類され、薬剤師の指導を受けないと購入できない医薬品です。しかし、2014年の法改正によって、薬剤師の指導さえあればインターネット販売で購入することが可能となりました。

この場合も薬剤師の指導は必須ですが、店舗での購入より薬剤師による投薬指導が不十分となることが危惧されています。そこで、ここではリアップの薬物相互作用、副作用に関して重要なことをまとめます。

リアップの作用機序はサイクリックGMPという血管拡張を起こす分子の分解を補助する酵素であるホスホジエステラーゼ5の機能を阻害することで血管拡張作用を示し、血行を改善します。

基本的には頭皮中心に作用する薬なので大きな問題となる相互作用を引き起こす可能性は低いです。しかし、頭皮を通る血管から有効成分の一部は吸収され、全身的な作用を起こす可能性もあります。

リアップの作用機序の経路に作用する薬との相互作用が考えられますが、ニトログリセリンや硝酸イソソルビドがそれに当たります。これらは血管に一酸化窒素を供給します。この一酸化窒素の量が増加するとグアニル酸シクラーゼが活性化します。

このグアニル酸シクラーゼはサイクリックGMPの産生に寄与しています。つまりこれらとリアップの併用により血管が拡張しすぎ、低血圧、頭痛、めまい等を引き起こす可能性があります。

リアップで起きる副作用:不整脈

薄毛治療を考える多くの方が一度は利用を検討する薬としてリアップがあります。この薬は、毛根の細胞などに働きかけ、増えるような働きが促されるのが特徴としてあげられます。塗って使用することで、塗った部分の細胞を活性化させて増毛効果を狙うのが主な利用方法です。

さて、そのようなリアップですが、非常に副作用が多い薬剤でも有ります。実際ドラッグストア等で購入する場合、リアップは第一類医薬品となっており、薬剤師がいるお店でしか購入できないと言われています。

その理由として、増毛を目的とした薬ではないという事があります。本来の目的は降圧剤ですので、血圧が低くなってしまう効果が見られます。高血圧の人にとっては良い効果になりますが、元々貧血気味であったり血圧が低い人には最悪の場合不整脈などの症状を引き起こす可能性があります。

この理由としては、低血圧になることで心拍出量に大きく影響して、脈が乱れてしまう事につながることから不整脈が出現する可能性があるとされています。

なお、仮に不整脈になった場合は心負担が非常強い状態である事が挙げられますので、すぐに服薬を中止して近隣のかかりつけ医に通院すべきだといえるでしょう。リアップは安易な使用をするのではなく、用法用量を正しく守ることが重要ですので、必ず守るようにしましょう。

リアップは無香料で匂いが気にならない

リアップは育毛効果があるとされ、アメリカの食品医薬品局からも認められている商品です。育毛剤は数あれど、僅かとはいえ実際に毛が生えてくるという効果が認められているものはなかなか存在しません。リアップは現在女性向けのシリーズと男性向けのシリーズであるX5とジェットが販売されています。

リアップの良さは効果だけではなく、使用しても臭いがあまり気にならないのもいいところです。この育毛剤は付けた時に独特の匂いはしますが、完全に乾いてしまえばほとんど匂いを感じることはありません。市販の育毛剤の匂いがかなりきついことを考えても、これほど匂いのしないものは珍しいはずです。

育毛効果があっても、すぐに育毛剤を使っているのがわかるような匂いが頭から漂っていたらちょっと使うのをためらうかもしれません。でもわからないほど匂いが軽いなら、人目を気にせずこっそり使い続けることもできるので安心して使えます。

リアップに含まれるミノキシジルを使っている商品は匂いがきつい商品も多く、それを理由に使用するのをためらう人もいるので、無香料にこだわって作っているのは嬉しい配慮です。匂いをなるべく感じない育毛剤を探しているなら、この商品を一度使用してみてもいいかもしれません。