リアップの使用による血圧の低下や高血圧について

育毛剤は商品によって効果・効能が異なりますが、血流を良くしたりする効果があるものも多く、場合によっては血圧の低下や高血圧になることがあります。ここではリアップの使用による血圧の変化についてまとめています。

リアップは血圧を下げる副作用もあるので注意

世の中で薄毛に悩んでいる男性はかなり多いものです。またこれらの症状を遺伝的なもの、運命的なものとしてすっかり諦めている人も多いもの。

しかし薄毛は対処次第で大きく改善させることが可能です。まずはその症状の原因となるものを突き止めることも大事ですが、一方で育毛剤を利用した入念なケアは最も大切と言えるでしょう。

育毛剤には様々なタイプのものがありますが、中でも有名なのがリアップです。これはミノキシジルと呼ばれる成分が含まれた代表的な製品であり、薄毛の発症している頭皮にこれを振りかけると毛細血管が拡張され、血流も多くなります。

多くの薄毛は毛細血管から摂取される栄養分が不足してしまうことによって引き起こされますが、リアップを使うとこうして血流に乗せて多くの栄養分が毛乳頭へと運ばれ、発毛や育毛に必要な分だけ過不足なく摂取することが可能となるのです。

このように血管を拡張させる効果があるリアップはつまり、同時に血圧を下げる作用も持ち合わせているわけですが、もしも日頃から低血圧症の診断を受けている人などがいれば、その人は副作用の恐れがあるため使用を控えた方がよいでしょう。

もしも低血圧の人がリアップを使うと血圧がますます下がり、最悪の場合には血管や心臓を傷つける場合もあります。その点に気をつけて、もしも異常を感じた際には使用をやめたり、医師に相談するとよいでしょう。

リアップで高血圧も治るのか

リアップの特徴が含まれる有効成分のミノキシジルです。頭皮の毛細血管の血流を良くすることで毛母細胞に発毛に必要な栄養素をきちんと届けてくれるというのです。

実はこのミノキシジルという成分はAGAの治療目的で開発されたわけではないのです。当初、高血圧症の患者の降圧剤として利用されていましたが、副作用として多毛症を発症する患者が多かったことから薄毛治療分野での研究が進み、AGA治療などに用いられるようになったのです。

リアップの場合、内服ではなく頭皮に直接塗る方法なのでそれによって病的に血圧が下がる可能性はほとんどないですが、頭皮も毛細血管を通して全身とつながっているので頭皮に塗布したことで、若干血圧が下がる可能性もあるのです。

ただ、目的が発毛や育毛なので、リアップの使用で高血圧も解消できるわけではありません。頭皮の毛細血管の血流を促進して発毛を促すことが目的なので、それだけで高血圧が解消できるわけではありません。

逆に低血圧の人でもリアップの使用によってさらに低血圧になる心配はほとんどありません。ただ、人によってはめまいや頭痛などの不調の症状が現れることがあるので、使用は自分の体と相談して進めることです。

育毛に効果的なリアップには血圧低下の副作用も

男性にとって薄毛に見舞われることはとても辛いこと。頭髪は外見における大きな要素を占めるものであることからも、薄毛の進行は自信を失わせたり、人に対して積極的になれないなどの精神的な影響も引き起こしてしまいます。

そんな状況を改善するのに効果的なのがリアップです。そもそも薄毛の発症には様々な原因が考えられますが、その中でも栄養分の不足は大きな問題となります。

毛髪が健康的に成長するには頭皮の毛細血管を流れる血流から過不足なく栄養分を受け取っていることが不可欠。この状態が確保できなくなると途端に頭髪も弱っていくこととなります。

リアップはそこに配合したミノキシジルという成分が血管拡張作用を発揮し、その分、毛細血管の血流量を上昇させてくれます。こうして毛乳頭がしっかりと栄養分を吸収できる状態となるわけです。

ただしリアップに配合されたミノキシジルには副作用もあります。血管を拡張するということは血圧を下げることにも繋がるため、低血圧症などの病気を発症している人にとっては血管や心臓に過度な負担をかける可能性があるのです。

またこのような血圧低下によって日中眠たくなってしまったりという症状も確認されています。使用中はこれらの症状に該当しないかどうか見極めた上で、もし問題が発生したら使用をやめたり、医師に相談するなどの対処が必要です。

リアップが血行を促進させる仕組み

リアップの中にはミノキシジルという有効成分が含有されています。このミノキシジルが作用するのは、血管平滑筋と呼ばれる血管組織に存在する筋肉です。この血管平滑筋が収縮すると血管の収縮がおこり、逆に血管平滑筋が拡張すると血管の拡張が起こります。

血行がよくなるのは血管が拡張した時なので、リアップの有効成分ミノキシジルは血管平滑筋を拡張させ、血管を拡張させるのです。詳細に説明すると、血管拡張する前には、血管内に一酸化窒素(NO)が発生します。

この一酸化窒素の量が多くなるとグアニル酸シクラーゼという酵素が活性化し、サイクリックGMP(cGMP)という分子が生成します。このサイクリックGMPの量が増加すると血管は拡張します。

しかし、細胞内にはこのサイクリックGMPをGMPに分解し不活化するホスホジエステラーゼⅤという酵素が細胞内には存在します。そこで、ミノキシジルはこのホスホジエステラーゼVの働きを阻害し、サイクリックGMPの不活化を防ぎます。

つまり、ミノキシジルの働きによって血管平滑筋細胞内にサイクリックGMPが残りやすい環境を作り出し、血管が比較的拡張した状態を作り出すのです。これにより血液の通り道は広くなり、沢山の血液が流れるようになります。

リアップで頭痛が起こる仕組み

リアップ日本で最もメジャーな薄毛治療薬であり、その有効性が認められる唯一の医薬品です。1999年に市販されて以来、多くの日本人に使用されてきましたが、飲み薬ではないからといって副作用が全くないというわけではありません。リアップの主要な副作用の1つとして、頭痛が挙げられます。

その頭痛が起こる仕組みについてここからは説明します。リアップの有効成分であるミノキシジルは体内で活性代謝物となり、血管平滑筋に存在するATP依存性カリウムチャネルを活性化し、血管平滑筋の細胞膜を過分極させ、結果として、血管平滑筋が弛緩します。

つまり、血管が拡張し、毛根周辺の血流を改善します。この効果は、頭皮周辺だけに起こるのではなく、頭皮から浸潤し、頭の内部にも作用します。頭の内部の血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張すると、頭の全容積に占める、血管容積の割合が増大し、結果として頭部の組織を圧迫します。

そして、頭部の痛覚神経をも圧迫すると、痛覚神経が興奮し、頭痛を感じるようになるのです。リアップには、有効成分濃度が1%のものと5%のリアップX5がありますが、当然有効成分濃度の高いX5の方が血管拡張作用が強く、育毛効果も強力ですが、頭痛等の副作用も現れやすいと考えられます。

リアップを使用する際のリスクについて

まず始めに理解しておくべきなのは、育毛剤などの医薬品は、程度の差はあれど副作用はまず間違いなく確認されるものです。そしてリアップにも使用する上で少なからずリスクが存在します。まず説明書に書いてある副作用として、血圧の低下、発疹、痒み、頭痛、めまいなどが挙げられています。

その中で可能性が最も高いものとしてかゆみがあります。リアップは頭皮につけるタイプの育毛剤なので、そこからかゆみを感じる人は多いようです。使用する方は、もし肌に何かしらの異常を持っている人はあらかじめ注意する必要があるでしょう。

他には塗った箇所のほてりです。これは血流が良くなったからということも考えられますが、中には熱さを感じたり、皮膚が赤くなったりする人もいるようです。また説明書にも書いてあったように血圧の低下も多いです。

含まれるミノキシジルがもともと血管拡張の薬であったことから、血流に関して何かしらの変化が起こることは比較的多いです。おもなリスクとしてはこの辺りが有名ですが、これらは誰にでも発生するものではないという事を理解しておきましょう。そしてそれらのリスクを避けるには、正しい用法を守り、また違う製品を使用するということを検討する必要性もあります。