リアップには年齢制限もあり使用には注意が必要

リアップは発毛効果が認められている育毛剤ですが、効果が高い分副作用も若干ながらある商品の為、未成年が使用することは出来ません。ここではリアップの年齢制限の理由についてまとめています。

リアップには年齢制限がある理由。

リアップは抜け毛が多く薄毛に悩まされている男性のために開発された育毛剤です。それではなぜ増毛効果がみられるのでしょうか。それはリアップにはミノキシジルという、医学的に認められた増毛成分が配合されているためです。

日本人の肌質に合った使用感が追求されたミノキシジル医薬品ともいえます。しかし、リアップには年齢制限を設けていることをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

なぜかというと、もともとミノキシジルという成分は高血圧の治療として使われている薬でした。血管拡張作用により血流の流れをよくし、増毛効果につながるので血圧に問題があるという方は、低血圧に陥ってしまうという副作用がでる場合もあります。

もともと臨床試験でも20歳から45歳までの年齢の方が対象となっています。ですが、必ずしも年齢対象外の方が使用できないとは限りません。もし外れた場合には、医薬品であるため薬剤師やドクターに相談して使用するかを決めましょう。

あとは、10代の方も年齢制限されています。それは、もともとリアップは壮年性脱毛症のための薬品だからです。壮年性脱毛症に効果的なリアップを自分の体とうまく付き合っていき、薄毛の悩みを解消していきましょう。

リアップは大学生でも使用するものなのか

リアップは日本でも最も知られた育毛剤の1つです。薄毛で悩まれるのは30代以降が多いですが、大学生ぐらいの年代でも薄毛で悩んでいる方はいらっしゃいます。思春期以降には男性ホルモンの分泌量が増えるため、その影響で薄毛になる可能性は十分にあります。

ただ、周囲に使う知り合いも少ないので、この年代から使用してもいいものか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただ、リアップはいつの年代から使用しても、問題となることはありません。

近年、男性ホルモンの働きを抑えて、薄毛を改善する、プロペシア、アボルブといった治療薬が病院では使用されることがありますが、それらの薬では、生殖器形成や精子産生量にも影響が懸念されるので、若い年代での使用は好ましいとは言えません。

しかし、リアップの有効成分はそのような影響が一切ありません。むしろリアップは薄毛が気になり始めてから早めに使用を開始した方が有効となる可能性が高いです。

1か月分で7000円程度の費用がかかるので大学生には手が出しづらいかもしれませんが、気になる方は思い切って試してみて下さい。なお、一度使い始めたら効果が実感できなくても6か月は使用するようにしましょう。

若ハゲの改善にはリアップの活用が効果的

近頃は男性の薄毛は年齢に関わらず、20代の若い人であっても発症することが多くなってきています。その原因は実に多岐にわたりますが、仕事の疲労、人間関係のストレス、睡眠不足、偏った食生活、頭皮環境の不衛生化、アルコールやタバコの過剰な摂取など様々なものが考えられますが、その多くに関連している若ハゲの原因として血行不良というものがあります。

これは頭皮付近に流れる毛細血管の流れが何らかの理由で悪化し、それによって血流を流れる栄養分がしっかりと毛乳頭に届けられなくなってしまうことにあります。

こういった症状を改善する意味でも薄毛治療のためのアイテムとしてリアップが人気を博しています。リアップはミノキシジルという成分を含んだ育毛剤で、これを薄毛の進行している部位に塗ると毛細血管の拡張作用が起こります。

こうしてやせ細っていた血管が多くの血流を得ることができ、頭髪の成長に不可欠な栄養分を血流に乗せて過不足なく取り入れることが可能となります。これで若ハゲも改善できるはずです。

ただし、リアップはこの効能の中で血圧の低い人などはさらに血圧低下を招き、心臓や血管にダメージを与える可能性もあります。こうした副作用は全体の5パーセントにも満たないほどの治験例が出ているだけですので、まずは安心して利用を始め、もしも何かしらの違和感を感じたら医師に相談してみるとよいでしょう。

リアップを使用する際の注意点とは

リアップは、メジャーな育毛剤となっています。アメリカでは1980年代から利用され始めていて、日本でも2000年代前後から普及されるようになりました。

血流を良くして、頭髪の細胞を活性化する事によって増毛効果が期待できる薬剤となっていますが、リアップを使用する際には気をつけなければならない事も有名です。

リアップを使用する際に注意点が多いのは、元々増毛のために作られた薬ではないことが関係しています。本来の目的は降圧剤のために使用される薬でした。つまり、循環器に対して働きかける薬であり、その副次的な効果で増毛がみられるだけに過ぎないのです。循環器に影響するため非常に多くの副作用のリスクがあります。

一番多く見られるのは薬液利用時のニキビ出現や、発赤があります。これらは薬剤の仕様によって生じる反応であり珍しくはありません。重篤な症状としてみられるのはやはり心臓に関する症状です。

思い低血圧や不整脈、四肢のむくみなどは危険のサインとなりますので、一度服薬するのをやめて近隣の医師を受診するべきであると言えます。そのため、リアップを使用する場合は規定された用法・用量を必ず守って、普段と異なる症状が出た時には必ず受診するようにしましょう。

リアップの効果とお酒の関係

老若男女問わず、悩んでいる人が多いのが髪の毛についてです。年齢を重ねてもふさふさとした髪の毛を保つ人がいる一方で、40代前後になってくると、薄毛が気になる場合も多く、早い人では20代後半から進行してしまう場合も。

また、更年期を過ぎることで、女性の髪の毛の悩みも深刻になってきます。おしゃれが楽しめなくなってくるほか、他人の視線が気になって、それがストレスになるという悪循環につながってしまいます。

そんなときには、自分で何か薄毛対策を施したいところ。生活習慣を改善したり、髪の毛に良い食物を摂取したり、スカルプシャンプーやサプリメントなど、さまざまな方法がありますが、育毛剤を使用するのもひとつです。

ミノキシジルが配合された育毛剤として、リアップがよく知られています。リアップは薄毛の改善効果が見られたという報告も多く、ミノキシジルによる効果が期待できます。しかし、育毛剤で効果が見られたからといって、他が不摂生でよいというわけではありません。

例えば髪の毛と肝臓の機能は密接な関わりがあるので、お酒が好きな人は肝臓への負担を考えて、摂取量を控えるなども考えた方が良いでしょう。また睡眠の質を保つためにも、深酒は控えた方がよいとされています。

リアップ購入には薬剤師による説明が必要

リアップは薄毛に使用される市販薬で、日本で唯一薄毛への有効性が認められる医薬品です。市販薬は、使用の難易度、他剤との飲み合わせ、副作用などの評価から、要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分類されます。

この中で、要指導医薬品と第1類医薬品に関しては、販売に際して、薬剤師による指導が必要となります。リアップは第1類医薬品に分類されるため、薬剤師による指導が必要となります。

なぜリアップが第1類医薬品に分類されるかとうと、使用法に関する指導が必要なこと、高血圧、心疾患、腎臓疾患などの疾患の治療中の方には、その治療に影響を及ぼす可能性があるためです。

ただ、要指導医薬品の場合には、店舗において薬剤師による説明文書を用いた指導が必須となりますが、第1類医薬品に関しては、店舗における薬剤師による指導は必須ではありません。

近年、医薬品に関してもインターネット販売が許可されるようになり、インターネットを介してより簡単に薬が手に入るようになりましたが、リアップに関してもインターネット上での購入が可能です。

ただし、インターネットを介しての指導は必要となるので、インターネットで購入する際にはアンケート等で購入者の状態を把握し、指導をすることとなります。