薄毛の人のためのシャンプーの選び方

薄毛で悩む人がまず一番に考えるべきなのが、やはり毎日の洗髪です。汚れをキレイに落とし、髪の毛の状態を良好に保つことが薄毛からの脱却の第一歩です。ここでは薄毛の人のためのシャンプーの選び方についてまとめています。

薄毛解消のためのシャンプーの選び方

薄毛の改善のためのシャンプーの選び方として、過剰の洗浄成分を含んでいないものを選ぶようにしましょう。

シャンプーの中でも、高級アルコール系や石鹸の洗浄成分を使っているものを使うことにより、頭皮の状態を悪化させる原因となってしまいます。

高級アルコールや石鹸の成分については、肌に使うことにより皮脂を根こそぎ取り除いてしまう為、薄毛の原因となってくるのです。

乾燥肌の方は、フケが多く出るようになり毛が生えにくい状態になってきますし、脂性の方についても使い続けることにより頭皮の状態が変わってしまい毛が生えにくくなるのです。肌質をとうことなく、過剰すぎる洗浄成分を使ったシャンプーは控えてみる必要があります。

アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーについては、汚れのみを取り除くことが出来、頭皮に余計な負担をかける心配がありません。使っても、頭皮に必要な脂分を残してくれるため、フケや乾燥肌に悩むことなく使っていけるようになるのです。

薄毛が進行している状態の方は、アミノ酸系で頭皮を洗うことにより、トラブルを防止できるようになりますし、頭皮の脂分のバランスが整うことにより、刺激に強い状態に変えることもできます。

薄毛に悪影響を及ぼすシャンプーの成分

シャンプーはその含む成分によっては、薄毛を引き起こす恐れがあります。まず、シリコンを含んだシャンプーは避けます。シリコンはトリートメントにも使われており、髪をサラサラにして艶を出します。

しかし、シリコンのコーティング作用によって、髪に与えられたダメージは蓋をされます。使い続けると傷ついた髪がさらに傷つきますが、髪の表面は痛みが目立たないので自分ではダメージに気づきません。

またしっかり洗い流さないとシリコンのコーティング剤が残り、かゆみやフケの原因になります。次にラウレス硫酸系のシャンプーも薄毛を促進します。ラウレス硫酸系の成分の正体は、安価な界面活性剤です。

界面活性剤を配合したシャンプーは、泡立ちが良いです。また洗浄力や脱脂力が強力なので、洗い終わってさっぱりし、余分な皮脂が落とせたと感じます。しかし、洗浄力があまりにも強いので、頭皮に必要な水分と油分を洗い落としてしまいます。

油分や水分の不足はフケやかゆみ、肌荒れの原因です。毛根に深刻なダメージを与える成分なので、注意します。またラウレス硫酸系の強い刺激を感じさせないように、さらに強力なコーティング剤を併用している場合もあり、頭皮に悪影響を与えます。

薄毛になったら市販のシャンプーの選び方を工夫する

男性の多くはある程度の年齢になると、自分の髪の毛が以前よりも少なくなってきたことに焦りを感じるものです。

薄毛の悩みを解消する方法としては、専門の病院に通って治療を受けたり、カツラを着用したり、増毛を受けたりなどの方法があり、どれも効果が望めるものではありますが、費用が高くついてしまうというデメリットも、残念ながら存在しています。

それほど費用をかけられない、かけたくないという場合には、市販のシャンプーの選び方を工夫するという方法があります。シャンプーという日常的に使用しているものを換えてみるだけでも、薄毛の改善に役立つ場合は少なくないのです。

昔は市販のシャンプーは洗浄力重視で、髪の毛や頭皮の健康についてそれほど考慮しない商品が多かったのですが、現在ではそれらの要素を重視した品質の高い商品がたくさん販売されています。

薄毛対策として効果を望む場合には、洗浄力の高い高級アルコール系ではなく、頭皮への刺激の少ないアミノ酸系のものを選ぶべきです。

アミノ酸系なら頭皮環境に必要な皮脂まで洗い落としてしまう心配がありません。さらに毛穴を詰まらせる原因となるシリコンを使っていない、ノンシリコンのシャンプーを選ぶことも大事です。

外出時の薄毛隠しには増毛スプレーがおすすめ

加齢によって髪の毛の元気がなくなってくると、頭髪がまばらになって地肌が透けやすくなるので、分け目や生え際が気になってきたり、頭頂部が寂しくなったりするものですが、こうしたちょっとした薄毛を外出時などに隠したいときには、「増毛スプレー」という製品がお勧めです。

増毛スプレーとは、特殊ファイバーでつくられた人工毛の粉末(増毛剤)を頭髪に吹き付けて髪の毛一本一本に付着させることで髪の毛一本一本を太くし、薄毛によってあらわれる地肌を覆い隠すことのできる製品で、カツラと比べて低コストで利用でき、お出かけ前などに手軽に使用できることから薄毛が気になる中高年の方を中心に人気が高まっています。

ただし、この製品はあくまでも既存の髪の毛をボリュームアップさせることで頭髪の隙間を減らすものです。薄毛が進行して地肌の面積が大きくなっている場合には増毛効果は期待できないので、他の増毛法を試してみましょう。

現在では数多くのメーカーから多種多様な増毛スプレーが販売されていますが、できるだけ地肌に優しい安全な素材を使用していて色落ちしにくい製品を購入するのがお勧めです。また、黒やブラウン、ダークブラウンなど様々なカラーの製品があるので、自分の髪色を合わせて不自然にならないようなカラーの製品を選ぶことが大切です。

なお、増毛スプレーはあくまでも外出時に一時的に使用するものなので、たとえ安全な製品であっても永続的な使用は頭皮に負担をかけ、薄毛を進行させる原因になります。帰宅したらすぐにシャンプーでキレイに洗い落とし、外出時に再び吹き付けるようにしましょう。

石鹸は薄毛の人には不向きである

薄毛の人は石鹸を使って髪を洗うのは避けたほうがよいです。一般的な化粧石鹸には界面活性剤が配合されています。界面活性剤は、洗浄力が強いので必要以上に皮脂を洗い落とす恐れがあります。すると頭皮が乾燥して常在菌は失われます。

常在菌の形成する皮脂膜が破壊されるので、外部からのダメージを受けやすくなり、薄毛につながります。また足りない皮脂を補おうと過剰に分泌することがあり、増えすぎた常在菌によってフケやかゆみ、炎症を引き起こします。

シャンプーが弱酸性であるのに対し、石鹸は弱アルカリ性です。キューティクルが剥がされ、髪の毛がダメージを受けます。切れ毛が多くなり薄毛に見えます。さらに、すすぎが十分でないと、髪の毛が絡む原因になります。

水道水に含まれるカルシウムなどと結合して金属石鹸になるので、一度カスが髪の毛に付着するとなかなか落とせません。それが毛穴を詰まらせたら抜け毛を促進します。指通りが悪くてゴワゴワした質感の髪になります。

弱アルカリ性の髪を酸性にするには、弱酸性のリンスを使うと効果的です。開いたキューティクルが閉じて、髪の毛に艶が戻ります。また洗い残しを作らないために、しっかりとすすぎます。

薄毛で悩んでいる人の洗髪事情

薄毛で悩んでいる人達にとって、毎日の洗髪タイムというのはある意味で恐怖の時間でもあるのです。一体どうして一日の疲れが癒される洗髪の時間が、薄毛で悩んでいる人達にとっては恐怖の時間になってしまうというのでしょうか。

それはどうしてかと言いますと、実は薄毛で悩んでいる人達というのは毎日髪の毛を洗う度に、髪の毛を洗うことによって髪の毛が大量に抜けてますます髪の毛が少なくなってしまったらどうしようと、内心びくびくしながら洗っているからです。

つまり髪の毛をこれ以上減らさないようにする為に、恐る恐る洗髪をしているというわけなのです。確かになるべくなら髪の毛の量を減らしたくないと思うのはある意味で当然のことであります。しかしあまりにも気にし過ぎるのも精神的に良くはありません。

なので生活習慣を根本から徹底的に見直し、薄毛を根本から治していくように努力することが大切であると言えます。

例えば髪の毛の成長にとって良い成分が沢山含まれている食べ物を毎食必ず食べるようにするとか、頭皮にとって良い影響をもたらすシャンプーを使うようにするとか、個人のレベルで出来ることは探せばいくらでもあるものなのです。そうすれば過度に洗髪を恐れることもなくなるのです。