薄毛の女性におすすめの髪型について

近年薄毛で悩む女性の割合はどんどんと増えていますが、女性は髪の毛を伸ばしている人が多い分、男性よりも薄毛を隠しやすいと言われています。ここでは薄毛の女性におすすめの髪型についてまとめています。

薄毛の女性に似合う髪型

薄毛で悩む女性にはどんな髪型が似合うでしょうか。大切なことは目の錯覚を利用して、髪の毛にボリュームがあるように見せることです。そのためにはパーマヘアーがおすすめです。パーマの力で髪の毛がふんわりし、薄毛をカバーすることができます。

逆に髪をまとめたり、カチューシャできっちり止めたりすると、薄毛が目立つことがあります。ロングヘアーは毛量が多く見えます。特に顔の周りに髪を垂らすようにしましょう。肩までのミディアムヘアでも同じです。

ふんわり感を出すようにしましょう。どんな髪型であっても、頭皮にぴったりさせると、地肌が見えることがあります。パーマも時間が経つとボリュームが出にくくなります。そうしたときはドライヤーで髪を乾かす時に、根元を 起こすようにして風をあてましょう。

髪は乾く瞬間に形が決まります。髪を巻くことでもボリュームを出すことができます。セットするときはスプレーでしっかり固めるようにしましょう。その際地肌につかないようにしなければいけません。地肌にスプレー剤がつくと頭皮にダメージを与えることになります。

また帽子をかぶると、ボリュームが抑えられすぎることがあります。大事なシーンに行くときには、かぶらないようにしましょう。

薄毛でくせ毛の人におすすめの髪型

頭髪に対しての色々な悩みがある中でも、薄毛に関する悩みを抱えているという男性はとてもたくさんいます。男性の薄毛の原因としてはテストステロンという男性ホルモンの影響や、頭皮の血行の不良、精神的なストレスなど様々なものがあり、それらに対処することは実効性のある対策ではあるのですが、費用や時間の問題で簡単にはいかない場合もあります。

そこで薄くなっている部分をカバーしたり、目立たなくするなどの髪型を色々と工夫するという方法が役に立ちます。とは言えその方法は、薄毛にくせ毛という悩みがプラスされている人にとっては、髪形の選択の幅が狭くなりがちなので難しいと思われるかも知れません。

しかしそのような人にも合う髪型というものはあります。むしろくせ毛の人は毛量は少なくても髪の毛にボリュームを感じさせやすいので、工夫次第で高い効果を持たせることができる場合もあるのです。

例えば頭頂部が寂しい人であれば、残っている毛をフワッとさせて中心に向けて集めてきたり、逆に額の方から薄くなっている人であれば、ウェーブがかかった髪の毛を前の方に下ろすことで、薄くなっている部分を上手に隠すことができます。薄毛とくせ毛を欠点ではなく自分の特徴だと考えれば、似合う髪型は見つかりやすくなるのです。

薄毛になりやすい髪型「ポニーテール」

薄毛になりやすい髪型の筆頭として挙げられるのが女性のポニーテールです。特にロングヘアで長さと重量があるポニーテールは、髪の毛をまとめるときや縛る時に力を入れてしまいがちなので、髪の毛が引っ張られて頭皮に負担がかかり抜け毛になりやすいのです。

更に長時間同じ髪型をキープしていたり、毎日同じ位置で縛っているのも頭皮に負担がかかり薄毛の原因となってしまうため要注意です。

そのため思い切ってロングヘアからショートヘアやボブヘアにイメージチをェンジをしてみたり、どうしてもまとめ髪をしたくなったときは緩めに縛るか、ゴムを使わずにバナナクリップなどで留めるのもおすすめです。そして毎回縛る位置を変えるのもオススメです。真ん中や左右、高さに違いをつければ負荷がかかる頭皮の位置も変わってくるため、抜け毛予防にもなります。

ポニーテールは小さな女の子からミセス世代まで楽しむことの髪型ですが、頭皮に負荷がかかるのはどの年代でも同じであるため、あまり小さな女の子でも毎日同じ髪型にしていると将来の薄毛原因となってしまうことも考えられるため、小さな女の子のいるお母さんはお子さんの頭皮の状態を日ごろからチェックしてあげると良いでしょう。

薄毛の人に似合う髪型とパーマ

薄毛の人は、普通の人が考えている以上に悩みを抱えるものです。朝起きて顔洗った後に髪を整えますが髪の毛が薄いと気分がブルーになるものです。特に、まだ若い人であればなおのこと憂鬱な気分になることでしょう。

では、薄毛の人にどんな髪型が合うのでしょうか。それは、薄毛であることを気にして何とかしてかくそうと髪を伸ばすよりも、思い切って見せることです。隠そうとして髪を伸ばすと、不自然に見えてアンバランスになってしまいます。

それで、隠すということをやめて薄毛に似合う髪型をしましょう。例えば、男性であれば、ソフトモヒカンや、スポーツ刈りなどは良いでしょう。清潔感を与えますので、さわやかな印象になります。さらに、オールバックもお勧めです。

また、短い髪に抵抗を感じる方であればパーマなどでも隠すことが出来ます。パーマは髪の毛にボリュームを与えますので、ある程度ごまかすことが出来ます。しかし、パーマをあてる時には十分注意しましょう。

人によっては、液が頭皮にかかると炎症をおこして髪が抜けやすくなってしまう場合があるからです。それで、あてる時にはあらかじめ皮膚の別の部分でパッチテストを行ってからあてるようにしましょう。

薄毛と髪型のパターンについて

薄毛になってきたら、悩む事の一つが髪型です。隠したいと考える人もいれば、髪の毛の状態に合ったヘアスタイルを選びたいと考える人もいるでしょう。少しでも似合うヘアスタイルを考えたい場合、薄毛のパターンから考えてみる事がお勧めです。

基本的に、どの状態でも似合うのは、ベリーショートや坊主等、髪の毛を短くしてしまう事です。短くすると、地肌が目立ち、髪の毛が薄い状態が目立ってしまうのではないかと考えるかもしれませんが、短くする事で、清潔感を出す事が出来ます。

更に、髪の毛は伸ばすと、頭皮に負担をかけてしまう事も多い上、シャンプーの際に頭皮まで綺麗に洗いにくい、すすぎにくい状態となります。それに対して、短くすれば、頭皮まで綺麗に洗いやすく、頭皮を常に清潔に保ちやすくなります。

薄毛でも頭頂部のみが薄くなってきてる状態であれば、オールバックを選ぶ事で、その状態を隠す事は可能となります。

ただ、生え際の状態によっては、生え際の薄さが目立ってしまう原因となる事もあるので、隠す事だけを考えるのではなく、全体的なイメージを意識して、髪型を作っていく事が大切です。薄毛が目立たない髪型にしたいと考えたら、髪の状態をしっかりと把握しておく事が大切です。

薄毛は髪型で隠してしまうのはあり?

髪が薄くなってくると、髪型を変えて隠したいと思うはずです。しかし、この方法はごまかしているだけであり、根本解決にはなりません。薄毛を隠しているという意識があると、常にひと目が気になるようになります。

会話をしているときも、落ち着かない気分になるものです。隠してしまうことで、今度はそれを知られる恐怖に襲われることになります。何より一生隠せるものではなく、いずれバレることになるのです。

髪は1日でなくなることはなく、少しずつ抜け毛が増えることでボリュームが減っていくのです。必ず自覚症状があるので、異変に気づいた時点で治療を始めることです。

初期の段階では育毛する必要はなく、ただ抜け毛を止めるだけでいいのです。最も簡単かつ楽な方法で効果を出せるのが、初期の段階の薄毛なのです。

薄毛は進行するほど治療が難しくなり、中度レベルになると自分では治せないと言われています。特に男性ホルモンにより髪を薄くするAGAに関しては、通常の薄毛よりも治すのが難しいです。

発毛クリニックに行くには勇気がいりますが、髪がスカスカになってからでは遅いのです。原因がわかれば髪を元に戻すことが可能であり、帽子で隠す必要もなくなります。