薄毛予防になる食事の摂り方とは

薄毛になる原因は人それぞれで生活習慣やストレスなど、原因を特定するのは難しいと言われています。

しかし、食事の摂り方によって影響が出てくるという説もあり、ここでは薄毛予防になる食事の摂り方について解説しています。

薄毛予防のため、栄養バランスのとれた食事を

髪の毛は、人間の体の中で一番目立つところにあります。そのため、薄毛や抜け毛は大きな悩みになることでしょう。薄毛には様々な原因がありますが、食生活にも問題がある可能性があります。

現代はファーストフードやインスタント食品をよく食べるために、栄養バランスのとれた食事ができていない人が多くなりました。偏食による栄養不足は薄毛につながります。

薄毛予防のためにも、食生活の改善は非常に大事です。健全な育毛に不可欠なものは ビタミン類やミネラル類、そして良質なタンパク質です。

髪の毛の基本となるのがタンパク質です。肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品などに含まれています。特に薄毛が気になる方はコレステロール値の高い肉類より、青身魚や大豆製品を中心に食べた方が良いです。

ビタミンAやビタミンE、ビタミンPは血行を促進し、頭皮環境を整えてくれます。健康な髪の毛には良好な頭皮環境が欠かせません。ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンEは玄米・胚芽米・ゴマ・ナッツ・油・魚卵に、ビタミンPは柑橘類・サクランボ・そばに含まれています。

ビタミンB群は、頭皮の新陳代謝を高めてくれます。新陳代謝が高まることによって、髪の毛をつくるタンパク質の働きが促進されるのです。玄米や豚肉、レバー、大豆などに多く含まれています。

そして髪の毛を作る時に特に重要な栄養素が亜鉛です。亜鉛が不足すると、上手く髪の毛がつくれません。日頃、摂取しにくい栄養素でもあるので、意識して摂取するようにして下さい。牡蠣やレバー、魚介類などに含まれています。

健康はもちろん育毛のためにも、日頃の食生活を見直し、栄養バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

薄毛の予防にヨーグルトを食べる

ヨーグルトが便秘を解消し美肌やダイエットに効果があることはよく知られています。さらに、薄毛予防にも効果が期待できます。便秘になって腸内環境が悪化すると、悪玉菌が発生し、血行不良を起こさせるので頭皮が栄養不足になり薄毛が進行します。

しかし乳酸菌の力によって腸内環境が良くなることで、体中の血行がよくなり、頭皮の隅々まで栄養が補給されます。さらにヨーグルトなどの発酵食品には、IGF-1というアミノ酸の結合体を増やします。

IGF-1によって毛母細胞が刺激され、細胞分裂を活発に行います。髪の毛が抜ける休止期が短縮されて、正常なヘアサイクルに戻ります。また発毛に必要なタンパク質が豊富です。ビタミンやカルシウムなどが頭皮の環境を整えます。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱く、生きたまま腸に届くのは限られます。そこで、生きて腸に届くビフィズス菌を売りにしたヨーグルトを選びます。数日間食べてみて、便秘解消など体の調子が良くなったら、自分に合っているので続けます。

薄毛予防に効果的なのは、毎日食べることです。また糖分をたくさん含んだものはかえって薄毛を促進するので、低脂肪や無糖などプレーンタイプを食べるようにします。

薄毛を予防するにはビタミン不足の解消が大切!

ツヤとコシのある髪の毛を維持するには、毎日栄養バランスのよい食事をして発毛に必要な栄養素を十分に供給されるようにする必要があります。

とはいえ、忙しくてコンビニ弁当やスーパーの惣菜で済ませたりしていると、髪の毛に必要な栄養素がすぐに不足し、発毛機能が低下して抜け毛が増えるため、やがて薄毛になってしまうのです。

こうした偏った食生活による薄毛を予防するには、発毛のために十分に摂取すべき栄養素を認識し、その栄養素が不足しないように食生活を改善することが有効です。

たとえば、ビタミンAは皮膚・粘膜などの上皮細胞をつくるときに必須の栄養素で、これが不足すると頭皮環境が悪化して抜け毛が増えやすくなるので、不足しないように摂取することが大切です。

また、薄毛の改善には髪の毛がスムーズにつくられるようにすることが有効ですが、ビタミンB群は細胞の代謝機能を高めてくれるので、髪の毛の主成分であるケラチン(たんぱく質の一種)の合成を促し、髪の毛を生えやすくしてくれます。

その他にも、ビタミンC、Eには頭皮の血流をスムーズにして髪の毛の成長を助ける働きがあるので、薄毛にお悩みの方はこれらも合わせて積極的に摂取しましょう。

上記の栄養素は薄毛の予防のために大切なので、毎日肉や魚などのメインの食材に緑黄色野菜を加えたバランスのよい食事を心がけ、不足しないように補給するのが効果的です。

なお、青汁には上記の栄養素に加えて髪の毛に必要なミネラルも多く含まれており、野菜不足を効率的に補えるので、忙しくて野菜を十分に取れないときにお勧めです。

薄毛予防に効果がある漢方薬

薄毛の予防には色々な方法がありますが、その中に漢方薬を利用する方法があります。体質などによって効果が異なることはありますが、うまく使えば薄毛予防の大きな効果を得ることができます。薄げ予防に効果的な漢方薬にも色々とありますが、代表的なものがいくつかあります。

それはニンジン、ショウガ、カツラ、センブリ、カシワ、コムギです。ニンジンは髪に対して強い栄養効果を持っており抜け毛や白髪を防ぐ効果があります。ショウガは細胞の新陳代謝機能の促進や強い発散作用があるので脱毛やふけを防ぐ効果があります。

カツラは消炎効果がとても強く、かゆみの緩和や傷口の治癒、充血の鎮静作用があり白髪や脱毛を防ぐ効果もありますが頭皮表面のケアに強い生薬でもあります。センブリは荘園と血行促進効果が強く、カシワは抗菌作用と頭皮の新陳代謝を活発にして老廃物を排泄する作用があります。

コムギは滋養強壮が強く、ふけやかゆみを防いで傷の治りを早くします。また必要な水分を保持して、頭皮を潤わせたり柔らかさを保つ作用があり、頭皮を健康にする作用を持っています。これらを単体で使うのも良いですが、まとめて煎じ濃縮液にしてシャンプーに混ぜて使うのも良い方法です。

薄毛予防に食べると有効な食べ物とは?

偏った食生活を続けていると、頭皮の血行が悪化して発毛機能が低下したり、皮脂の分泌量が増加して毛穴に皮脂が詰まりやすくなったりするので、薄毛を招きやすくなります。

このため、薄毛予防には毎日の食生活を改善することが有効といえるわけですが、特に毎日の食事の取り入れたほうがよい食べ物もあります。

たとえば、髪の毛はケラチンというタンパク質を主成分としているので、食事でタンパク質が豊富な食べ物を十分に食べるすることが大切です。タンパク質は肉や魚、大豆食品に多く含まれていますが、肉の脂身には血流を悪化させる飽和脂肪酸が多く含まれているので、肉はできるだけ脂身の少ないものを選びましょう。

マグロやイワシ、サバなどの青魚には、血管壁や赤血球の細胞膜を柔らかくして血液を滑らかするDHA・EPAが多く含まれてるので、薄毛予防には青魚でタンパク質を摂るのがお勧めです。

また、大豆食品の中でも納豆には、血流をスムーズにして血栓を予防するナットウキナーゼが多く含まれているので、朝食などで積極的に食べるとよいでしょう。

その他にも、髪の毛の成長をスムーズにするには、細胞の代謝を活発にしてケラチンの合成を促すビタミンB群、健康な髪の毛をつくるために必要な亜鉛やビタミンA、頭皮の血流の安定に不可欠な鉄やカリウム、ナトリウムなどのビタミン・ミネラルも不足しないようにすることも大切です。

これらのビタミン・ミネラルは、緑黄色野菜や海藻類に多く含まれているので、薄毛を予防したい方はこれらの食べ物を取り入れた栄養バランスのよい食事を心がけましょう。